ランチョンマットの作り方とは?世界に1つだけのオリジナルを作ろう


「ランチョンマットが欲しいけれど、どれを選べばいいのかわからない」「ランチョンマットの種類や選び方が知りたい」など、悩んでいる人は多いでしょう。ランチョンマットといっても種類は幅広いです。適当に選んでしまうと後悔することになります。そこで、この記事では、ランチョンマットの種類や選び方、作り方について解説しましょう。

  1. ランチョンマットについて
  2. ランチョンマットの種類いろいろ
  3. ランチョンマットの選び方
  4. ランチョンマットの製作業者を選ぶポイント
  5. ランチョンマットにかんしてよくある質問

この記事を読めば、理想どおりのランチョンマットを作り、有効的な使い方ができるでしょう。

1.ランチョンマットについて

ランチョンマットとは、食卓でお皿やおはし、フォーク、ナイフなどをのせるための敷物(しきもの)です。適切なランチョンマットを選ぶためにも、まずはランチョンマットについての知識を身につけておきましょう。

1-1.ランチョンマットとは

ランチョンマットは和製英語で、海外ではプレースマットと呼ばれています。日本ではなじみのないランチョンマットですが、ヨーロッパでは日常的に使われており文化の1つです。テーブル全体をおおうテーブルウェアと同じく、18世紀中ごろからランチョンマットが使われるようになりました。最近では、日本でもランチョンマットを使う家庭が増えてきています。

1-2.ランチョンマットの使い方

ランチョンマットは食卓に座る1人1人に与えられる敷物(しきもの)です。ランチョンマットのうえにお皿やフォーク・ナイフなどを置きます。よく、テーブルマット・テーブルクロスと間違われますが、まったく異なるものです。テーブルクロスはテーブル全体をおおうもので布が使われています。一方、テーブルマットはテーブル全面に貼りつけるものでビニール素材がほとんどです。もし、テーブルマット・テーブルクロスが汚れたら丸ごと洗濯するか、取り換えなければなりません。しかし、ランチョンマットは汚れた部分だけキレイにできます。

1-3.ランチョンマットの魅力

ランチョンマットの魅力は主に3つあります。それぞれの魅力を1つずつ紹介していきましょう。魅力について知れば、効率的な使い方ができますよ。

1-3-1.ランチョンマットの必要性

毎日食事で使っているテーブルはばい菌だらけです。フォーク・おはしを直接テーブルに置くとばい菌がついてしまいます。そこで、役立つのがランチョンマットです。キレイなランチョンマットをしけば清潔さが維持できるでしょう。また、食べこぼしでテーブルを汚さずに済みます。

1-3-2.ランチョンマットの機能性

ランチョンマットには多種多様なデザイン、サイズ、カラー、柄があります。食卓を華やかに彩りを加えるアイテムです。その日の気分や季節、料理メニューによって取り換えることができるでしょう。また、中にはスマートフォンやフォーク・ナイフを入れるのポケットつきのランチョンマットも登場しています。

1-3-3.ランチョンマットのファッション性

最近のランチョンマットにはおしゃれなデザインが出てきています。ランチョンマット=食卓にしくものと思っている人は多いでしょう。しかし、豊かなファッション性から小物置、インテリアの一部として使うことができます。好きな柄やデザインのランチョンマットをしいて部屋を彩るのもすてきですね。

2.ランチョンマットの種類いろいろ

ランチョンマットは素材、使用目的、形・サイズによって印象ががらりと変わります。では、一体どんな素材・種類があるのでしょうか。理想的なランチョンマットを選ぶためにも、ぜひチェックしてください。

2‐1.ランチョンマットの素材

ランチョンマットの素材といえば、紙・布(木綿)が1番に思い浮かぶでしょう。ほかにも、ビニール・木材・リネン・プラスチック・レース・シリコン・コルクなど多くの素材がランチョンマットに使われています。紙製のランチョンマットは使いきりですが、ほかの素材は使いまわしが可能です。ランチョンマットの中には撥水(はっすい)加工がされているタイプもあります。来客があるときは豪華な印象のレースを、夏場は涼しさを感じさせるコルクや木材など、場面によって使いわけるのもいいですね。

2‐2.ランチョンマットの種類

ランチョンマットの種類は「使用目的」によって異なります。大まかに季節行事用、子ども用、屋外用の3つにわけることができるでしょう。一体どんなランチョンマットになるのか、詳しく説明します。

2‐2‐1.季節行事用

正月やクリスマス、ハロウィーンなど季節の行事によって使うランチョンマットが「季節行事用」です。季節ごとのイベントは特別なもので食卓も行事によって雰囲気を変えたくなりますよね。たとえば、正月は「寿」「福」といった縁起のいい文字が書かれているランチョンマット、クリスマスは緑×赤のカラーを使ったデザインなど種類も豊富です。特別な日は特別なランチョンマットを使って気分を盛り上げてください。

2‐2‐2.子ども用

食べこぼしが多い子どもには、子ども用のランチョンマットがおすすめです。子ども用のランチョンマットには、アニメキャラクターが描かれたものから動物柄、カラフルなデザインなどさまざまな種類があります。また、ランチョンマットのサイズも赤ちゃんから幼稚園、小学校と成長によって合わせることができるでしょう。

2‐2‐3.屋外用

屋外用のランチョンマットは簡単に汚れを取りのぞけるよう工夫されています。汚れやすい屋外だからこそ、手洗いができるタイプ、洗濯しても色落ちしにくいタイプなど機能性が抜群です。たとえ、屋外で汚れたとしても公衆トイレですぐ汚れを落とすことができるでしょう。

2‐3.ランチョンマット人気のデザイン

日常で使えるシンプルなデザイン、無地のランチョンマットが人気です。シンプルなデザインは色の種類が多いため、家具や部屋の雰囲気に合わせて選べます。また、ストライプ柄や猫・犬などの動物柄、水玉柄といった柄物も人気ですよ。

2‐4.ランチョンマットの形やサイズ

多くの家庭で使われているランチョンマットの形は四角形です。スーパーマーケットや100円均一、ホームセンターでも四角形のランチョンマットが多数販売されているのを見かけます。しかし、ランチョンマットの形は四角形だけではありません。円形や正方形、楕円形(だえんけい)、ハート型や星型など特徴的な形もあります。一方、ランチョンマットの標準サイズは縦33~32cm、横43cm~41cmです。あくまで標準サイズであり形によってサイズは異なります。

3.ランチョンマットの選び方

たくさんあるランチョンマットの中からどれを選べばいいのか悩みますよね。そこで、ランチョンマット選びのポイントについて説明しましょう。ポイントを押さえて理想的なランチョンマットを選んでくださいね。

3‐1.ランチョンマット選びのポイント

ランチョンマット選びで注目してほしいポイントは「洗いやすい」「撥水(はっすい)加工」「滑り止め」の3点です。まず、洗いやすいかどうかは最も大切なポイントになります。洗いにくいランチョンマットは汚れを簡単に落とすことができません。使いづらくなるのは間違いないでしょう。また、清潔に使いたいのなら撥水(はっすい)加工されているランチョンマットがおすすめです。さらに、滑り止めがついているとお皿が固定できるのでケガ防止になります。より安心してランチョンマットが使用できるでしょう。自分が何のためにランチョンマットを使いたいのか考えてみてください。使用目的がハッキリすれば、適切なランチョンマットを選ぶことができます。

3‐2.ランチョンマットの販売・通販について

ランチョンマットはホームセンターや100円均一、家具・食器店、雑貨店などで購入できます。幅広い種類の中から選びたい人は通販もチェックするといいでしょう。通販では海外から輸入されたランチョンマットから、ブランドもの、地域の素材を使用したものなど種類が豊富です。ただし、通販で購入する場合はサイズと素材の項目を必ずチェックしてください。実物が確認できないのできちんと詳細を確認しなければなりません。

3‐3.ランチョンマットのハンドメイドについて

好きなデザイン、柄の生地を購入して簡単なランチマットを作ることができます。裁縫が苦手な人でも裏地なし、布1枚でできる簡単な作り方を紹介しましょう。作り方は以下のとおりです。

  1. 好きな生地を仕上がりサイズ+4cmの大きさにカットする
  2. カットした生地のまわりを2cm折る
  3. 折った2cmを半分1cmに折って4隅の角をカットする
  4. 後はまわりを縫うだけで完成

詳しい作り方は以下のブログに載っています。時間があいているときにでもぜひチェックしてください。

簡単ランチョンマットの作り方:http://orange0390handmade.blog133.fc2.com/blog-entry-102.html

3‐4.ランチョンマットのオーダーによるオリジナル製作について

こだわりのランチョンマットを作りたいとき、専門業者への依頼がおすすめです。ランチョンマットのオーダーによるオリジナル製作とは一体どんな魅力があり方法になるのか、詳しく説明します。

3‐4‐1.オリジナルの魅力・メリット

オリジナルの魅力は、世界で1つだけの特別なランチョンマットを作ることです。市販では売られていないランチョンマットを作って使うことができるでしょう。世界に1つだけという特別感にひたることができます。

3‐4‐2.どんな場合にオーダーするか

自分だけのオリジナルランチョンマットが欲しい場合、個人用としてランチョンマットのオーダーができます。自分専用としてオリジナルランチョンマットを製作する人は多いですよ。ほかにも、贈り物、ギフト用として、ノベルティグッズとして企業が依頼するケースもあります。

3‐4‐3.印刷について

オリジナルのランチョンマットをオーダーする際、印刷はスクリーン印刷とフルカラー印刷のどちらかになります。スクリーン印刷は機械を使ってプリントする方法です。一方、フルカラー印刷は多色の染色を使用して鮮明にプリントします。アニメキャラクターやゆるキャラでも画像印刷ができるので子ども用ランチョンマットも製作できるでしょう。ただし、業者によって印刷方法は異なります。どんな印刷をするのか、ホームページや電話で確認したうえで依頼してください。

4.ランチョンマットの製作業者を選ぶポイント

オリジナルのランチョンマットをオーダーする際、製作業者選びに悩みますよね。優良業者を選ぶためにも、制作業者選びのポイントをチェックしておきましょう。

4‐1.ランチョンマットをオーダーするメリット

ランチョンマットをオーダーする1番のメリットは、自由な発想のデザイン製作ができることです。頭の中にあるデザインをそのままオリジナルに反映できます。ハンドメイドでは難しいデザインでも製作業者に依頼すれば、品質・デザインともに納得できる仕上がりになるでしょう。

4‐2.ランチョンマットのオーダー料金相場

ランチョンマットをオーダーする場合はお金がかかります。料金相場は1枚数百円です。しかし、印刷方法や使用する色の数、デザインによって料金が異なります。依頼する前にきちんと確認したほうがいいでしょう。また、業者によって“○枚から受注”と製作ロットが決まっています。製作ロットが100枚~の場合、100枚×単価が料金になるでしょう。

4‐3.ランチョンマットの製作方法

ランチョンマットの製作方法はフルカラー、またはスクリーンによって素材にデザインを印刷した後、縫製加工していきます。詳細は業者によって異なるため、ホームページや電話で確認してください。ホームページでは実際の製作例もチェックできますよ。

4‐4.ランチョンマットの注文方法

ランチョンマットの注文方法はホームページ、または電話から可能です。製作ロットを確認後、何枚作るのか決めて業者へ仕様・用途・数量・納期を伝えます。打ち合わせのときにきちんと要望を伝えなければ、仕上がりに満足できません。遠慮をせずにしっかり意見を伝えることが、理想的なランチョンマットを作るポイントになります。

4‐5.相談窓口

ランチョンマットをオーダーする前に見積もりをきちんと確認しておきましょう。見積書には製作内容にいくらかかるのか、内訳が記載されています。見積もりは無料でホームページからでも電話でも依頼可能です。ちなみに、オリジナル製作を受けつけている「株式会社スズキネ」では気軽に相談を受けつけています。ぜひ1度相談してみてはいかがでしょうか。

株式会社ズスキネ問い合わせ先

4‐6.オーダーする際の注意点

近年、悪徳業者とのトラブルが増加しています。悪徳業者とトラブルを防ぐには優良業者と悪徳業者を見極めなければなりません。見極めるポイントは「業者の対応」「見積もり」「比較」の3点です。丁寧な説明、意見を聞いてくれない業者は信用できません。また、見積もり内容が不明確になっている業者もNGです。見極めるためにも3社~4社の業者を比較して信用できる業者を選びましょう。

5.ランチョンマットにかんしてよくある質問

ランチョンマットにかんしてよくある質問を5つピックアップします。気になっているところがあれば、業者に問い合わせるなどして確認することが大切ですよ。

5‐1.食欲が出てくるランチョンマットの色は?

暖色系のランチョンマットが食欲をそそらせ料理を引き立たせられるといわれています。赤や黄色、オレンジ系が暖色系です。濃い色よりもやわらかい印象を与える淡い暖色系がいいでしょう。

5‐2.ダイエットにランチョンマットは効果的?

ランチョンマットはダイエットに役立ちます。なぜなら、決められたランチョンマットのサイズにお皿を置くことで「栄養バランスのとれた食事」ができるからです。より適切な量だけ食べることができます。また、寒色系のランチョンマットにすると食欲減退効果が期待できるでしょう。

5‐3.ランチョンマットの洗い方について

布製のランチョンマットは洗濯機、または手洗いでキレイにできます。ビニールの場合は水洗い、コルク製の場合はからぶきがいいでしょう。素材によっては洗いにくいものがあります。洗う際は使われている素材をきちんと確認しておきましょう。

5‐4.オーダーするときのデザインの送り方は?

ランチョンマットをオーダーする際、デザインはデータで送らなければなりません。もし、自分でデータにできない場合は業者でデータを作ってくれます。しかし、データ作成料が発生するので気をつけてください。

5‐5.オリジナルのランチョンマットができるまでの期間は?

ランチョンマットの場合、データ入稿日からおよそ25日~1か月で納品されます。急ぎの場合は相談によって納期を速めることもできるでしょう。納期がいつになるのか業者とスケジュールを確認してください。

まとめ

いかがでしたか?ランチョンマットはデザイン性・ファッション性・機能性が高いアイテムです。食卓を彩り料理をおいしく見せてくれます。1種類だけでなく、何種類ものランチョンマットを持っておくと気分や行事に合わせて選ぶことができるでしょう。もし、オリジナルデザインのランチョンマットを作りたい場合は専門業者に依頼できます。個人用はもちろん、贈り物やノベルティグッズとしても大活躍する品物です。ぜひ、お気に入りのランチョンマットを使って楽しんでください。


創業明治40年の確かな実績!国内生産のオリジナル手ぬぐいが1枚149円〜

国内生産のオリジナル手ぬぐいが1枚149円~