名入れハンカチが人気の理由は? 主な活用方法や作成のコツを伝授!


「名入れハンカチが人気と聞いたけど、どんな活用方法があるのだろう」「名入れハンカチをオーダーするコツを知りたい」とお考えではないでしょうか? 確かに、名入れハンカチは、特別感がある、実用的などの理由で人気が高まっているのは事実です。しかし、実際に名入れハンカチをオーダーしたくても、どんな種類・デザインにすべきかなどよく分からないこともあるでしょう。

そこで今回は、名入れハンカチについて詳しく解説します。

  1. 名入れハンカチが人気の理由
  2. 名入れハンカチの主な活用シーン
  3. 名入れハンカチにはどんな種類がある?
  4. 名入れハンカチをデザインするコツ
  5. 名入れハンカチをオーダーする方法
  6. 名入れハンカチに関するよくある質問

この記事を読むことで、名入れハンカチをオーダーするポイントがよく分かります。名入れハンカチのオーダーをお考えの方は、記事を読んでみてください。

1.名入れハンカチが人気の理由

最初に、名入れハンカチが人気の理由について見ていきましょう。

1-1.特別感がある

名入れハンカチが人気の理由に、特別感があることが挙げられます。名前がデザインしてあるだけで唯一無二のデザインとなり、デザインへの思い入れが伝わってくるからです。実際にイラストや写真に名前を加えると、特別感やインパクトが出てより引き締まった仕上がりになります。

1-2.実用的

名入れハンカチは、実用的であることも人気の理由です。ハンカチは、使う人の年齢や性別を問いません。手を洗った後に拭いたり、汗をぬぐったりするほか、さまざまな使い方ができます。実際に、もらったハンカチを愛用している人が多いことからも、使い勝手がよく実用的なアイテムといえるでしょう。

1-3.オリジナルデザインで作成できる

オリジナルデザインで作成できるのも、名入れハンカチが人気の理由です。シンプルな正方形だからこそ、自由自在にデザインできます。名入れだけにしてシンプルを極めることも、全面にプリントしてデザインを重視することも自由です。たとえば、カラー違い・デザイン違いで複数パターンを製作しやすいのも、名入れハンカチの魅力といえるでしょう。

1-4.安くオーダーできる

名入れハンカチは、安くオーダーできる点でも人気です。名入れハンカチはシンプルなので、そのほかの名入れグッズよりもリーズナブルな価格でオーダーできます。オリジナルデザインで名入れグッズを作りたいけど予算が厳しいといった場合にも、満足できることでしょう。単価が安いので、同じ予算でもたくさん作ることができるのもメリットです。

1-5.大量製作しやすい

大量製作しやすいことも、名入れハンカチの人気を支えています。1回に数百枚以上必要な場合でも、スピーディーに製作できるからです。たとえば、企業のノベルティーや販促キャンペーン用などで大量に欲しいときなどは、名入れハンカチをおすすめします。そのほかにも、納期まで時間がないけど大量に欲しいといった場合などは、名入れハンカチのメリットを実感できるはずです。

2.名入れハンカチの主な活用シーン

名入れハンカチにはどんな活用シーンがあるか、具体的にご紹介しましょう。

2-1.プレゼント

名入れハンカチは、大切な人へのプレゼントに最適なアイテムです。

2-1-1.誕生日プレゼント

名入れハンカチは、大切な人の誕生日プレゼントに人気があります。誕生日を迎える人の名前を入れるだけでなく、カップルで2人の名前を入れたり、友達全員の名前を入れたりするのもおすすめです。名入れと同時に誕生日の日付をデザインして贈るのも、人気があります。

2-1-2.父の日・母の日・敬老の日などのプレゼント

父の日・母の日・敬老の日などのプレゼントにも、名入れハンカチがおすすめです。身内へのプレゼントだからこそ、名入れデザイン独特の特別感のある仕上がりがピッタリといえます。プレゼント用だけでなく、同じものを家族おそろいで作成するのもよいでしょう。

2-1-3.結婚祝い・出産祝いのプレゼント

結婚祝いや出産祝いのプレゼントにも、名入れハンカチが活躍します。新郎・新婦の名前や子どもの名前を入れてデザインすると、とても喜ばれることでしょう。なお、出産祝いにプレゼントする場合は、子どもの肌にも安心なガーゼ素材のハンカチを選ぶのがおすすめです。

2-2.記念品

名入れハンカチは、各種記念品にも活躍します。

2-2-1.卒業記念品

名入れハンカチは、卒業記念品として根強い人気があります。学校名やクラス名・卒業者名を入れて作成することで、よい思い出として残すことが可能です。卒業記念品は、卒業式の日に直接手渡しされることが多いことから、荷物にならない名入れハンカチが重宝されるのも自然なことでしょう。

2-2-2.同窓会の記念品

同窓会の記念品にも、名入れハンカチがおすすめです。学校名やクラス名・ゼミ名など名入れして製作すれば、よい記念品となるでしょう。名入れハンカチは数十枚単位かつリーズナブルな価格で製作できるので、同窓会費を必要以上に多く集めずに済むのもメリットです。

2-2-3.サークル・部活の記念品

サークルや部活の記念品として、名入れハンカチを製作するのもおすすめです。サークルや部活の名前を入れたり、メンバーの名前を入れたりして製作すれば、一層愛着がわくことでしょう。メンバーみんなで名入れハンカチを持てば、団結力がより高まります。運動系のサークルや部活で実用性を重視するなら、肌ざわりのよさや吸水力の高さから、ガーゼの名入れハンカチもおすすめです。

2-3.そのほかの活用シーン

そのほかにも、名入れハンカチを活用できるシーンが多くあります。

2-3-1.結婚祝いや出産祝いなどのお返し

名入れハンカチは、結婚祝いや出産祝いなどのお返しにもピッタリです。お祝いしてくれた人に感謝の気持ちを込めてデザインすれば、喜ばれるお返しになるでしょう。ハンカチは実用的なアイテムであり、気負いなく使ってもらえるのも各種お祝いのお返しにおすすめの理由です。

2-3-2.企業のノベルティー

企業のノベルティーとしても、名入れハンカチが大活躍します。企業名や商品名を入れてデザインしたハンカチを配布すれば、企業や商品の知名度がグンと高まることが期待できるでしょう。優れたデザインであれば、多くの人に注目され、売り上げアップにつながることも期待できます。

2-3-3.同人のノベルティー

名入れハンカチは、同人のノベルティーにもピッタリです。名入れハンカチなら、リーズナブルな価格で大量製作できるので、より多くの人に配布することができます。人気キャラクターと共に名入れすればプレミア感も加わり、ファンの間で争奪戦になることもあるでしょう。

3.名入れハンカチにはどんな種類がある?

名入れハンカチにはどんな種類があるか、詳しくご紹介します。

3-1.プリントタイプ

名入れハンカチの種類として代表的なものが、プリントタイプです。好きなデザインを生地にプリントして作る方法になります。印刷方法によっては、フルカラーイラストや写真をデザインすることも可能です。名入れだけでなく、イラストや写真を組み合わせてデザインしたい場合は、プリントタイプを選ぶとよいでしょう。なお、プリントタイプはハンカチの表面がつるっとした仕上がりになり、肌を傷付ける恐れがないことから赤ちゃんや小さな子ども用の名入れハンカチにもおすすめです。

3-2.刺繍タイプ

名入れハンカチには、刺繍タイプもあります。デザインを生地に刺繍することで、立体感と高級感のある仕上がりになるのが特徴です。多くの場合、刺繍する文字数や文字の大きさ・糸の色の種類などによって、料金が異なります。業者によっては、ハンカチにイラストや写真をプリントしてから刺繍を入れることも可能です。

4.名入れハンカチをデザインするコツ

名入れハンカチをデザインするには、いくつかコツがあります。

4-1.目的に合ったデザインにする

名入れハンカチは、目的に合ったデザインにしましょう。それぞれの目的によって、適するデザインが異なるからです。たとえば、誕生日プレゼント用と企業のノベルティー用では、求められるデザインの傾向がまったく異なります。デザインだけを見れば問題なくても、目的にそぐわないのでは意味がありません。

4-2.たくさんの実例を見て参考にする

名入れハンカチを満足度の高い仕上がりにするためにも、ネットで検索したりデザイン集を目にしたりして、たくさんの実例を見て参考にしましょう。実例を見ているうちに、新たなデザインアイデアが浮かんでくることもあります。このとき、同じような目的で作られた実例を参考にするのがポイントです。また、業者に相談し、同じような目的で製作したサンプルを見せてもらうのもよいでしょう。

4-3.ハンカチの素材や種類との相性を考える

名入れハンカチをデザインするときは、ハンカチの素材や種類との相性を考えましょう。同じデザインでも、ハンカチの素材や種類によって、仕上がりの印象が大きく異なるからです。また、ハンカチの素材やデザインによって、印刷が適する場合と刺繍が適する場合に分かれます。最終的にどんな仕上がりにしたいかを含め、ハンカチの素材や種類とデザインの相性をじっくり考えてみてください。

4-4.価格が安いだけで決めないこと

名入れハンカチをオーダーする際、単に価格が安いだけで決めると失敗するので注意しましょう。価格が安いことは大きなメリットですが、ハンカチの素材や印刷などが低品質なケースもあります。安く作ることができても、仕上がりが悪いのでは不満が残るものです。名入れハンカチをもらった人も、低品質な仕上がりでは喜びが半減してしまうこともあるでしょう。価格が安いことも大切ですが、素材や印刷が高品質であることなど、そのほかの点も総合的に判断するようにしてください。

5.名入れハンカチをオーダーする方法

名入れハンカチをオーダーするには、信頼できる業者に依頼することが大切です。

5-1.信頼できる業者を選ぶ

名入れハンカチのオーダーは、以下のポイントを満たす業者に依頼すると安心です。

  • 名入れハンカチの製作実績が豊富
  • 高い技術力と高品質な仕上がりで定評がある
  • 見積もりは無料
  • リーズナブルで分かりやすい料金システム
  • 注文しやすいロット数
  • 希望の納期にできるだけ対応してもらえる
  • スタッフが親切で顧客からの評判もよい

なお、当スズキネでも、名入れハンカチの製作実績が豊富にあり、ご好評をいただいています。まずは、お気軽にお問い合わせください。

5-2.名入れハンカチを業者にオーダーする流れ

名入れハンカチを業者にオーダーする流れは、以下を参考にしてください。

  1. この記事の「5-1.信頼できる業者を選ぶ」を参考に業者選びをする
  2. 業者に連絡して名入れハンカチの製作を相談し、見積もりを依頼する
  3. 業者から見積もりが届いたら内容を確認し、特に問題がなければ正式に契約する
  4. 業者の指定期日までにデザインデータを送付する
  5. 納期までに業者が名入れハンカチを製作・納品して完了

5-3.不安な点や不審な点は業者に確認しておく

名入れハンカチのオーダーで不安な点や不審な点があるときは、必ず業者に確認してください。きちんと確認せずにいると、納期までに届かない、納品数が間違っていたなどのトラブルの原因になります。後悔しないためにも、不安な点や不審な点はすべてその場でクリアにしておきましょう。信頼できる業者なら、どんな問い合わせにも親切に分かりやすく回答してくれるので安心です。

6.名入れハンカチに関するよくある質問

最後に、名入れハンカチに関する質問に回答します。それぞれ参考にしてください。

Q.名入れハンカチの製作費用を抑えるコツは?
A.以下を参考にしてください。

  • シンプルなデザインや仕様にする
  • 必要最低限の枚数でオーダーする
  • むやみに短納期指定をしない
  • 製作費用の安い業者に依頼する

なお、実際にオーダーするときは、この記事の「4-4.価格が安いだけで決めないこと」も参考にするとよいでしょう。

Q.名入れハンカチの生地にはどんなものがある?
A.以下のように、さまざまな生地があります。

  • コンパス:薄手でしなやか
  • キャンブリック:やや厚手でしっかりしている
  • ローン:薄手で目が細かい
  • ガーゼ:肌ざわり・吸水性共によい

ハンカチの素材選びで迷うときは、業者にアドバイスしてもらうのもよい方法です。

Q.業者の最小ロット数より少ない枚数でオーダーしたいのですが?
A.業者によっては、最小ロット数以下の枚数でも対応してもらえることがあるので、確認してみてください。ただし、オプション扱いとなり、追加費用が必要となるケースが多いでしょう。

Q.名入れハンカチのデザインデータも業者に作成してもらえる?
A.業者によっては、手書きのラフイラストからデザインデータを起こすサービスを行っています。当スズキネでも対応可能なので、お気軽にお申し付けください。

Q.名入れハンカチを正式にオーダーする前にサンプルをもらうことは可能?
A.数十枚程度のオーダーの場合は、サンプルをもらうのは難しいでしょう。たとえば、数百枚以上のオーダーが確定している場合などは、業者の判断により正式にオーダーする前に試作品をもらえることはあります。

まとめ

今回は、名入れハンカチについて詳しく解説しました。名入れハンカチには数多くの活用方法があります。名入れハンカチをデザインするときは、どんな目的で作成するのかを考えて進めていくとよいでしょう。多くの実例を目にすることで、理想のデザインをつかみやすくなります。なお、名入れハンカチで満足度の高い仕上がりにするには、信頼できる業者にオーダーすることが大切です。この記事を参考にして信頼できる業者を選び、よく相談してみるとよいでしょう。


創業明治40年の確かな実績!国内生産のオリジナル手ぬぐいが1枚149円〜

国内生産のオリジナル手ぬぐいが1枚149円~