【必読】ウォールポケットをオリジナル製作!依頼のコツを徹底解説!


ウォールポケットは、壁を利用した収納を実現できるだけでなく、インテリアとしても活用できるものです。収納の悩みを解決できてかわいらしく飾ることができるため、女性を中心に人気が高まっています。実は、ウォールポケットはオリジナル制作することができるのです。今回は、ウォールポケットのオリジナル制作で知っておくべきことを詳しく解説します。

  1. ウォールポケットについて
  2. ウォールポケットのオリジナル製作について
  3. ウォールポケットの製作業者を選ぶポイント
  4. オリジナルのウォールポケットに関するよくある質問

この記事を読むことで、ウォールポケットのオリジナル制作に必要な基本や業者の選び方などもわかるので、とても有益です。まずは、記事をじっくり読んでみてください。

1.ウォールポケットについて

最初に、ウォールポケットの主な使い道や魅力を解説します。

1-1.ウォールポケットとは

ウォールポケットとは、多くのポケットが付いている収納用具で、壁にかけて使うものです。平面な壁を収納場所に変えることができ、デッドスペースを上手(じょうず)に使うことができます。主に、布製やビニール製のものが多く、デザインもさまざまです。壁にかけて使うことからも、こまごまとした小物や手紙の整理に向いています。

1-2.ウォールポケットの使い道や魅力

ウォールポケットの主な使い道は、小物類などの収納です。しかし、使い道はアイデアしだいでいろいろと考えることができます。たとえば、1週間ごとの家計用のお金を封筒に入れ、ウォールポケットで管理する方法もおすすめです。電話台の横に付けるとアドレス帳などやメモ帳・ペンなどの管理が楽になります。また、ウォールポケットはデザイン性を重視して選べばインテリアの一部にもなるでしょう。ウォールポケットは、使い勝手と見た目のよさを両立できるものなのです。

2.ウォールポケットのオリジナル製作について

ウォールポケットのオリジナル制作について詳しく解説します。

2-1.ウォールポケットのオリジナル製作の魅力とは

ウォールポケットのオリジナル製作には、多くの魅力があります。主なものは、以下をご覧ください。

  • デザインしだいで個性的な表現ができる
  • 対象年齢の幅が広い
  • 消耗品でないため長く使ってもらえる
  • 使い方によって目的や使い道の幅が広い

2-2.ウォールポケットの使い方でおすすめのもの

ウォールポケットの使い方として、おすすめのものは以下を参考にしてください。

  • 卒園・卒業などの記念品
  • 企業のノベルティーグッズ
  • 同人グッズ

いずれもオリジナリティーが高く、評判のいい仕上がりが期待できるでしょう。

2-3.ウォールポケットのサイズ・形・素材について

ウォールポケットのサイズには、一定の決まりがあります。一例として、以下を参考にしてください。

  • 2ポケットタイプ:(幅)約20センチ×(高さ)約40センチ
  • 3ポケットタイプ:(幅)約20センチ×(高さ)約60センチ

なお、好みの形にカッティングできるものではなく、長方形が基本となります。素材については、耐久性と生産性を考えて布での製作が主流です。

2-4.ウォールポケットの製作方法について

ウォールポケットの製作には、以下の点を決める必要があります。

2-4-1.イラスト・柄・デザインをどうするか

オリジナリティーの高いウォールポケットにするためにも、イラスト・柄・デザインはとても重要です。同じイラストでも、位置や大きさによって印象が大きく変わります。柄やデザインの選び方も同様です。いろいろな案を元に試行錯誤しながら、最終案に決めるといいでしょう。

2-4-2.文字について

たとえば、企業のロゴ・同人サークル名・オリジナルキャラクター名など、文字を入れることも可能です。文字を的確な位置に入れることで、宣伝力がアップする効果が出ます。文字の書体や色によっても印象が異なるため、デザインデータを作成するときに適切な場所を考えて作成してください。

2-4-3.色について

オリジナルのウォールポケット製作では、好きな色を使うことができます。ただし、布への印刷となるため、イメージと仕上がりが異なる場合もあることを理解しておきましょう。デザインデータの色と仕上がりの色が、まったく同じになることは難しいのです。色にかんしては、業者の色見本などを参考に何度か打ち合わせをして決めるといいでしょう。

2-4-4.写真を使用するかどうか

写真を使用するかどうかも、決めておきましょう。写真を使用するとオリジナリティーが上がって印象が強い仕上がりになります。ただし、製作費用が上がる・業者によって印刷クオリティーが異なるなどの点も心配です。まずは、写真を使用する意味について考え、使う・使わないの判断をしてください。たとえば、子どもの出産記念で製作する場合などは、写真を使う意味があります。

2-5.ウォールポケットの印刷について

ウォールポケットの印刷方法で主なものとしては、スクリーン印刷とフルカラー印刷などがあります。スクリーン印刷は、単色から数色程度の印刷におすすめです。また、フルカラー印刷は価格が高くなりますが、表現力が豊かになるため、写真のリアリティーを追求したい場合などに検討するといいでしょう。

2-6.ウォールポケットのオリジナル製作の実例を紹介

ウォールポケットのオリジナル制作では、業者に実例を見せてもらうと仕上がりイメージがつかみやすくなります。たとえば、当スズキネでも製作例をご紹介していますので、参考にご覧ください。想像したものよりも、豊かな表現力によってオリジナル制作できることがご理解いただけることでしょう。

3.ウォールポケットの製作業者を選ぶポイント

ウォールポケットの製作業者選びは、満足できる仕上がりを得るためにとても重要です。選ぶときのコツや注意点など詳しく解説します。

3-1.ウォールポケットの業者選びのポイントについて

ウォールポケットの業者選びについて、いくつかのポイントを解説しますので参考にしてください。

3-1-1.プリントの種類を選ぶことができるか?

デザインを重視する場合は、プリントの種類を選ぶことができるかどうかが重要なポイントとなります。簡単なデザインは、コストパフォーマンスの高いスクリーン印刷が向くでしょう。しかし、写真画像品質を望む場合は、フルカラー印刷がおすすめです。デザインデータの内容に合った印刷方法を選ぶことで、仕上がりの品質がよくなります。

3-1-2.料金体系は明確でリーズナブルか?

業者の料金体系が明確でリーズナブルであるかどうかも、きちんとチェックしてください。ライバル業者との競争激化を避けるために、要見積もりとなっているところが多くあります。まずは、見積もり依頼をし、同時に料金体系についても教えてもらいましょう。見積もりの段階でも料金システムを明確にしない業者は信頼できません。安心して注文するためにも、確認を怠らないでください。

3-1-3.デザインの相談や見積もりに快く応じてくれるか?

親切な業者は、依頼者が不安に思うポイントを熟知しています。そのため、デザインの相談や見積もりに快く応じてくれるものです。ぞんざいな態度を取る業者は、何かとトラブルになることが多いのでおすすめできません。満足度の高いウォールポケットを製作するためには、何度も業者に相談することになります。快く対応してくれる業者を選びましょう。

3-2.ウォールポケットの製作の流れ

業者にウォールポケットの製作を依頼した場合、下記のような流れで進みます。最初の見積もり依頼では、製作ロット数や希望納期など、条件をできるだけ詳しく伝えておくことが大切です。

  1. 依頼者からの相談に応じ業者が見積もりを出す
  2. 依頼者が見積もり内容を確認後、業者に正式発注をする
  3. 依頼者は業者にデザインデータを送付する
  4. 業者はウォールポケットの実作に入る
  5. 業者は納期までに依頼者に納品する
  6. 依頼者が仕上がりを確認後問題無ければ完了

3-3.ウォールポケットの製作に関する相談窓口

どんなウォールポケットにしたいのか、自分だけで悩むより業者に相談した方が早く解決するものです。経験豊富なプロの意見は、とても参考になります。なお、当スズキネでも、オリジナルのウォール製作に関するご相談が可能です。製作に関する悩みや質問など、お気軽にご利用ください。

3-4.ウォールポケットの製作ロットや料金について

ウォールポケットの製作依頼をするときは、最小ロット数と料金システムの確認を忘れないようにしましょう。最小ロット数が少ない業者の方が、何かと無駄が出ないものです。ただし、1枚当たりの料金は、ロット数が大きくなるほど安くなります。後日追加注文する方が割高になることもあるので、注文数は慎重に決めましょう。実際の製作料金については、業者に見積もりをもらって確認してください。

3-5.ウォールポケットの製作業者に関する注意点

ウォールポケットの製作業者は、信頼を第一に選んでください。たとえば、問い合わせや見積もり依頼の対応が遅い業者は、納期管理が甘い可能性があります。また、コミュニケーションが取りづらく、双方の行き違いが発生しやすいものです。オリジナルのウォールポケット製作で満足する仕上がりを得るためにも、業者選びは慎重に行いましょう。信頼できる業者は、いろいろな点で親切です。対応の仕方に違和感を覚える業者とは、契約を見合わせましょう。

4.オリジナルのウォールポケットに関するよくある質問

最後に、オリジナルのウォールポケットに関するよくある質問に解説します。実際の製作に役立ててください。

4-1.自分の好きな布を持ち込んで製作してもらうことはできますか?

ウォールポケットは、ロール状の布地を印刷・裁断することで製作します。従って、依頼者が好きな布を持ち込んで製作することはできません。仕上がりの品質を保証するためと機械の故障を防ぐためという理由があるので理解してください。

4-2.デザイン製作の段階から業者に依頼することは可能ですか?

業者によっては、簡単なラフ画像からデザインを起こしてもらえることがあります。まずは、相談してみましょう。有料サービスになるものの、経験豊富でセンスのいい業者なら理想に近いデザイン案を作成してくれるものです。ただし、業者にデザインの製作依頼をする場合であっても、繊細なデザインは実現不可能なこともあるので注意しましょう。

4-3.近日中に再製作予定がある場合でも再度デザインデータが必要ですか?

業者では、一定期間、依頼者からのデータを保存しています。従って、期間を空けずに再注文した場合は、デザインデータの再送をしなくていいことが多くなるでしょう。ただし、前回注文とまったく同じ条件で製作する場合に限ります。細かな仕様変更が伴う場合は、デザインデータの再製作および再送の依頼があると考えてください。

4-4.市販のウォールポケットに印刷してもらうことはできますか?

市販のウォールポケットへの印刷は不可能となります。業者では、印刷をすべて機械で行っているためです。また、市販のウォールポケットは印刷に耐えられる品質のものばかりではありません。さまざまなデメリットを考えて、市販のものへの印刷を受けていないのです。

4-5.できるだけ急いで製作してもらうためのコツは?

まずは、以下の点をチェックしてみてください。

  • 注文ロット数・印刷方法などの詳細は決めてあるか
  • デザインデータはすでに製作完了しているか
  • 特注となる内容はないか
  • 業者の製作スケジュールに余裕があるか

業者によっては、製作依頼が立て込んでいて、物理的に無理なことが多くあるものです。いずれにしても、早めに業者に相談しベストを尽くしてもらうようにしましょう。

まとめ

今回は、オリジナルのウォールポケット製作にかんして詳しく解説しました。ウォールポケットは、実用性が高いノベルティーとして人気が高いものです。デザインをしっかり考えて作ることで、受け取った人の喜びは倍増することでしょう。まずは、信頼できる業者を探して、いろいろと相談に乗ってもらうことをおすすめします。経験豊富な業者なら、最高の仕上がりになるために的確なアドバイスをしてくれるはずです。後悔しないためにも、業者選びに手を抜かず、しっかりした業者に依頼しましょう。


創業明治40年の確かな実績!国内生産のオリジナル手ぬぐいが1枚149円〜

国内生産のオリジナル手ぬぐいが1枚149円~