手ぬぐいをリメイクしてみよう! 3つのアイデア大紹介


外国人観光客にとても人気がある手ぬぐい。
日本のお土産としてたくさん買い求める人が多いようです。
最近は手ぬぐい専門店もあるので、行ったことがある人も多いのではないでしょうか?
日本らしいデザインから、現代風のデザインまで様々な物が揃い、私たちを楽しませてくれます。
そんな手ぬぐいをそのまま使うのではなく、リメイクすることで自分だけのオリジナル作品を楽しむ人が増えています。
手ぬぐいの形や大きさを生かすことで、布を買って裁断するよりも簡単にいろいろな物を作ることができるのです。

1.二枚使ってのれんにリメイク

これは、手ぬぐいの柄をインテリアにできる方法です。
二枚の手ぬぐいを使ってのれんを簡単に作ることができるのです。
大きさや形がのれんには最適で、のれん用の棒と手ぬぐい二枚でできます。
棒を通すための輪を作って縫うだけで、丈夫で洗濯もできるオリジナルのれんが完成します。
部屋の雰囲気に合った手ぬぐいを選ぶことで、インテリアにもなるのです。

2.子供のためのお弁当入れにリメイク

手ぬぐいの中には、子供が喜ぶようなかわいい柄の物がたくさんあります。
それを利用して幼稚園や学校で使うお弁当入れを作ることができます。
これは、普通のお弁当入れと同じ作り方ですが、手ぬぐいの柄を生かしてオリジナルの物ができるので、子供も大喜びです。
市販の物もかわいい柄がたくさんありますが、お母さん手作りの温かさと、手ぬぐいのぬくもりを感じることができるのではないでしょうか?
手ぬぐいは丈夫で長持ち、洗ってもすぐに乾くのが魅力です。
子供に持たせる物は、すぐに汚れてしまうので清潔に保てる手ぬぐいは、お弁当入れにも最適です。
何個か作っておくと、洗い替えにもなっておすすめです。

3.オリジナルバッグにリメイク

手ぬぐいの良さはいろいろあります。
その中の丈夫で長持ちする点を生かして、オリジナルバッグを作る人も多いようです。
また、あえて家にあるようなレトロな柄や、お店の宣伝用に作られた手ぬぐいを使って、味のあるバッグを作ることもできます。
自分の好きな手ぬぐいの柄を上手に利用することで、世界に一つだけのオリジナルバッグが作れるなんて素敵なことではないでしょうか?
エコバッグとしても重宝するようで、軽くて薄いので何個か持ち歩いても邪魔にならないのが魅力です。
出来上がりを想像しながら柄を組み合わせたり、お店で売っている生地にはない風合いを楽しむこともできます。

まとめ

このように日本の良き文化を生かしながら、オリジナル作品を簡単に作ることができるのです。

  1. 二枚使ってのれんにリメイク
  2. 子供のためのお弁当入れにリメイク
  3. オリジナルバッグにリメイク

この3つのリメイクは、生活中で便利に使うことができる物です。
どこの家にも一枚は手ぬぐいが眠っているのではないでしょうか?
それをじっくり観察してみると、紹介したリメイク方法以外にたくさんのアイデアが浮かぶのではないでしょうか?
手ぬぐいは、昔からいろいろな用途があり、人々の生活に欠かせない物でした。
今は便利な物がたくさんありますが、手ぬぐいの良さを生かしてオリジナル作品を作ると楽しいのではないでしょうか?

 


創業明治40年の確かな実績!国内生産のオリジナル手ぬぐいが1枚149円〜

国内生産のオリジナル手ぬぐいが1枚149円~