オリジナルのバンダナをオーダーする方法は? 活躍するシーンも紹介


「オリジナルのバンダナを作りたいけれど、どこに依頼すればいいのか?」など、オリジナル製作のオーダーについて悩んでいる方は多いでしょう。一般的に、オリジナル製作を行っている業者へ依頼することになりますが、イメージと完成品が異なるなどのトラブルが起きているので注意しなければなりません。

そこで、本記事では、オリジナルのバンダナをオーダーする方法やポイントなどについて解説します。

  1. オリジナルバンダナをオーダーするメリットは?
  2. オリジナルバンダナが活躍するシーンは?
  3. オリジナルバンダナの製作を依頼する方法
  4. オリジナルバンダナに関してよくある質問

この記事を読むことで、オリジナルバンダナを製作するメリットや活躍シーンなども分かります。気になっている方はぜひ参考にしてください。

1.オリジナルバンダナをオーダーするメリットは?

最初に、オリジナルのバンダナをオーダーするメリットについてチェックしておきましょう。

1-1.好きなデザインのバンダナを作ることができる

オリジナルのバンダナをオーダーする最大のメリットは、好きなデザインのバンダナを作ることができる点です。市販でよく見かけるバンダナはペイズリー柄と呼ばれるものですが、オリジナル製作だと自分の好きなデザインをそのままバンダナに反映させることができます。好みの柄にしたり、自分がデザインしたロゴやキャラクターを入れたりするなど、デザインは自由です。この世にたった1つしかないデザインのバンダナが作れることは、オリジナル製作の大きなメリットといえるでしょう。

1-2.完全なオリジナルアイテムとしての特別感

自分の好みを反映させたデザインだけでなく、贈る相手にとってもうれしいデザインにできるのが、オリジナルバンダナの大きな魅力です。専門の製作業者に依頼することで、オリジナルアイテムとしての特別感を味わうことができるでしょう。自分たちで製作する楽しさも味わうことができますし、さまざまなシーンで活躍するバンダナは多くの人に喜ばれます。オリジナルアイテムという特別感から、企業や会社の販促アイテムとして製作される機会がほとんどでした。けれども、最近は、娯楽としても製作する機会が増えているのです。

1-3.幅広い人に喜ばれるアイテム

バンダナは、幅広い年代の人に喜ばれるアイテムとなっています。特に、市販ではない特別感のあるオリジナルのバンダナとなるとレア感が増すので、多くの人に贈るアイテムとしてはピッタリといえるでしょう。そもそも、バンダナは料理をする際に頭につけるものだというイメージがあるはずです。頭につけるだけでなく、弁当箱やティッシュボックスを包んだり、ダイニングテーブルのワンポイントにしたり、目隠し代わりにしたりするなどさまざまな使い方があります。使い道がたくさんあるからこそ、年代や性別問わずに喜ばれるアイテムなのです。

2.オリジナルバンダナが活躍するシーンは?

ここでは、オリジナルバンダナが活躍するシーンについて深掘りしていきたいと思います。

2-1.ライブ・コンサートグッズに最適

バンダナは、よくライブやコンサートグッズとしてオリジナル製作される傾向があります。デザイン性の高さやオリジナリティー性のあるグッズとなっているため、ライブ・コンサートグッズとしては最適なのです。ライブやコンサートのロゴを入れるだけでも、その日の特別な思い出が蘇(よみがえ)るようなアイテムになるでしょう。屋外のライブにはピッタリのアイテムとなっているため、グッズ製作として選ばれることが多いのです。また、最近では、アーティストグッズとしても作られることが増えています。

2-2.ノベルティー用やサービス宣伝として

オリジナルバンダナは、ノベルティーグッズやサービス宣伝効果としても活躍できるアイテムです。オリジナルは個人で作られることも多いのですが、法人向けにもピッタリの商品といえるでしょう。法人がオリジナルバンダナを活用する場合、会社のサービスを宣伝したり、企業の自社商品をPRしたりする際に役立つことができます。たとえば、企業や会社の名前を入れたり、モチーフキャラクターなどをプリントしたりするだけでも、宣伝効果は抜群fです。会社のイメージや中身をより魅力的に伝えたいときには、オリジナルバンダナが活用できるでしょう。

2-3.パーティー等のイベントやプレゼント用に

オリジナルバンダナは、パーティー等のイベントやプレゼント用としても活躍できるアイテムです。法人のパーティーや記念を催す会などに来場者へ配ることもありますが、主に個人向けとして制作されることが増えています。たとえば、バースデーパーティー・クリスマスパーティー・ハロウィンパーティー等のイベントで子どもたちに配ったり、おそろいのアイテムを身につけたりすることで、より盛り上がること間違いありません。オリジナルバンダナは、プレゼント用としても喜ばれることが多いので、さまざまなシーンで活躍できるでしょう。

2-4.同人販売会のグッズやブランドのオリジナル商品にも

同人販売会のグッズとして、オリジナルバンダナを製作し販売する方が増えています。前述したように、バンダナはさまざまなシーンで活用できるので購入しやすい商品です。自分が作ったキャラクターを入れることで、より価値のあるバンダナになるでしょう。応援してくれるファンにとっては、オリジナル性の高いバンダナになること間違いありません。また、自分でブランドを持っている場合は、オリジナル商品としてさまざまなイベントで販売できます。商品の購入者限定でプレゼントしたり、限定配布したりすることもできるでしょう。

2-5.学校の行事などにも使える

運動会や文化祭など、学校の行事にもオリジナルバンダナが大活躍します。たとえば、クラス全員でおそろいのバンダナを身にことで一体感が生まれますし、その日の特別な思い出の品になるでしょう。バンダナはスカーフの代わりにもなるため、髪だけでなく腕や首など、さまざまな場所に身につけることが可能です。実際に、学校行事でオリジナルバンダナを製作し、活用している方もいらっしゃいます。さまざまなシーンで活躍できるからこそ、用途も多種多様です。

3.オリジナルバンダナの製作を依頼する方法

それでは、オリジナルバンダナを製作する方法とポイントについて解説します。

3-1.専門の製作業者に依頼する

一般的に、オリジナルでバンダナを製作する場合、専門の製作業者へ依頼することになります。さまざまな製作業者が存在していますが、できればオリジナル製作の実績がある業者に依頼しましょう。実績がある製作業者ほど、さまざまな悩みも解決しますし、どうすれば理想のバンダナが作れるのか具体的なアドバイスをしてくれます。また、デザインの相談を受け付けているところもあるため、相談しながらより理想に近いバンダナが製作できるでしょう。実際に、その業者が製作したバンダナを見せてもらうと、具体的にイメージしやすいかもしれませんね。

3-2.サイズと材質をチェックする

製作業者へ本格的に依頼する前に、サイズと材質は必ずチェックしておきたいポイントです。製作業者によって、サイズと材質は大きく異なります。参考として、スズキネのサイズと材質を下記にピックアップしてみました。

  • サイズ:約52cm×52cm
  • 材質:コンパス(最も使用されている生地。人気No.1)/キャンブリック(少し厚手でしっかりとした生地)/ローン(薄手で目が細かくきれいな生地)

なお、材質はすべて綿100%の素材となります。どのような場所で使いたいのか・どのようなシーンで使うのか想像を膨らませてから材質を選ぶといいでしょう。

3-3.目的を明確にしてデザインを決める

バンダナのオリジナル製作を考えている方の中には、どのようなデザインにすべきか頭を悩ませている方が多いでしょう。オリジナル製作において、デザインは最も力を注ぐ箇所といっても過言ではありません。デザインで失敗しないためには、まずオリジナルで作る目的をハッキリさせておくことが大切です。なぜオリジナルのバンダナを作るのか、目的が明確になればデザイン案も自然と浮かんでくるでしょう。たとえば、会社の宣伝のために作るのなら、会社のロゴや名前を入れたり、モチーフキャラクターを印刷したりするのが効果的です。子ども用のプレゼントなら、子どもが喜ぶようなデザインにするといいでしょう。このように、目的を考えればデザインもしぼりやすくなりますよ。

3-4.オリジナル製作の流れをチェック!

では、製作業者にオリジナル製作を依頼してから納品までの大まかな流れをチェックしておきましょう。

  1. 製作業者のホームページまたは電話で申し込みをする
  2. 数量や仕様など、製作の希望を具体的に伝える
  3. 最終的な見積もりに納得すれば、正式に製作を依頼する
  4. デザインのデータを製作業者に提出する
  5. 最終デザインを決めたら製作開始→納品

上記の流れはあくまで目安となるため、具体的な流れに関しては製作業者に確認してください。また、納品までのスケジュールはだいたい25日となっています。もっと早く納品してほしいという方は、製作業者に尋ねてみるといいでしょう。場合によっては、早めに納品できるかもしれません。

4.オリジナルバンダナに関してよくある質問

オリジナルバンダナに関する質問を5つピックアップしてみました。

Q.オリジナルバンダナの製作で気をつけたいことは?
A.「イメージと完成品がまったく違っていた」など、よく製作業者と依頼者側でトラブルが起きています。イメージと完成品に違いが生まれるのは、製作業者との打ち合わせ不足が大きな原因です。きちんとデザインについてすり合わせをしていなかったために、相違点がたくさん生まれることになります。そのため、デザインや色合いについては、納得できるまでとことん打ち合わせを重ねることが大切です。依頼者の中には、すべて任せるという方もいますが、できれば自分で確認するようにしてください。

Q.オリジナルバンダナの染色方法は?
A.主な染色方法は、スクリーン染色とフルカラー染色の2種類があります。スクリーン染色は色の数によって価格が異なり、フルカラー染色は写真画像でも印刷可能な点が特徴です。色をあまり使わない・製作費用を最小限に抑えたいという方は、スクリーン染色を選ぶといいでしょう。写真や画像をきれいに反映させたいという方は、フルカラー染色がおすすめです。

Q.デザインはどのように入稿するのか?
A.一般的に、イラストレーターを使ってデザインを入稿することになるでしょう。スズキネの場合は、Adobe Illustratorを使った作成を推奨しています。写真画像等の貼りつけデータがある場合はAdobePhotoshopの保存方式で原稿データと一緒に入稿してください。容量が大きくてメールで送れない場合は、宅ファイル便等を利用するか、またはCD-Rなどのメディアに保存して郵送することになります。

Q.いくらぐらいで製作できるのか?
A.オリジナルバンダナの製作費用は、1枚あたり約500~1,000円が目安となっています。ただし、大量に注文するほど1枚あたりの費用が安くなりますし、デザインによっては費用を最小限に抑えることも可能です。できるだけ、予算内で抑えたいという方は、製作業者と相談しながらデザインを決めるといいでしょう。

Q.製作業者選びのポイントは?
A.オリジナル製作の実績があるのはもちろん、スタッフの対応に注目してください。どのような質問に対しても丁寧に答えてくれたり、アドバイスをしてくれたりするスタッフなら、安心して依頼できます。バンダナをはじめとした数々のオリジナル製作を行っているスズキネでは、無料相談が可能です。オリジナル製作で悩んでいる方は、ぜひ1度ご相談ください。

まとめ

一般的なバンダナはペイズリー柄ですが、オリジナルは自由なデザインで作ることができます。市販で手に入らないデザインにしたり、イベント用として製作したりするなど、使い方はさまざまです。また、バンダナとしてオリジナルを作っても、弁当箱を包んだりスカーフにしたりするなど、使い道もたくさんあります。さまざまなシーンで使うことができるからこそ、オリジナルのバンダナは多くの人に喜ばれるアイテムといえるでしょう。


創業明治40年の確かな実績!国内生産のオリジナル手ぬぐいが1枚149円〜

国内生産のオリジナル手ぬぐいが1枚149円~