名入れ記念品を製作するメリットは? デザインのポイントなども解説


オリジナルの名入れ記念品は、さまざまなシーンで活躍するアイテムです。特別な日や大切なシーンで記念品を作れば、たくさんの人たちにも喜んでもらうことができます。しかし、どのようなデザインにすべきか、どのように製作すべきか悩んでいる方は多いはずです。

そこで、本記事では、名入れ記念品を製作する方法やデザインのポイントなどを解説します。

  1. 名入れ記念品を製作するシーンは?
  2. 名入れ記念品を製作するメリットは?
  3. 名入れ記念品をデザインするポイント
  4. 名入れ記念品をオーダーする方法
  5. 名入れ記念品に関してよくある質問

この記事を読むことで、名入れ記念品をオーダーするコツなどが分かります。気になっている方はぜひ参考にしてください。

1.名入れ記念品を製作するシーンは?

最初に、名入れ記念品を製作するシーンをチェックしておきましょう。

1-1.周年や創立記念日

名入れ記念品が活躍するシーンとして、周年や創立記念日があります。会社の創立1周年を記念して、名入れの記念品を株主に配ったり、創立記念パーティーなどで配布したりするケースが多いでしょう。会社の名前やロゴと周年の年を入れるだけで、そのときの記念品だと一目瞭然です。年齢や性別を問わないアイテムにすれば、たくさんの人に喜ばれるでしょう。中には、高級記念品としてハイグレードな商品を製作することもあります。

1-2.卒業・卒園記念品

名入れ記念品の代表的なシーンといえば、卒業・卒園記念品です。学校を卒業する際に、名入れ記念品としてボールペンやマグカップなど、いろいろなモノをもらったことがある方が多いのではないでしょうか。卒業・卒園記念品としてはさまざまなアイテムがありますが、スタンダードなボールペン・マフラータオル・モバイルバッテリー・時計・ストラップ・パスケースなどがあります。学校の名前と卒業・卒園日を入れることで、大切な思い出の品になるでしょう。

1-3.オープン記念やスポーツ大会など

店舗のオープン記念やスポーツ大会・イベントなどでも、名入れ記念品が活躍するシーンです。新規のお客様を獲得するために、オープン記念品として名入れのノベルティーアイテムを配布することがよくあります。また、スポーツや各種大会での名入れ記念品は、参加者のモチベーションがアップするでしょう。ほかにも、お客様満足度を向上するために、キャンペーンで名入れ記念品をプレゼントするケースもあります。

2.名入れ記念品を製作するメリットは?

ここでは、名入れ記念品を製作するメリットを解説します。

2-1.思い出をモノとして残すことができる

名入れ記念品の大きなメリットは、思い出をモノとして残すことができる点です。前述したように、学校名や会社名と併せて日付を入れることで、特別なモノになります。名入れ記念品を見るだけで、そのときの思い出が一気に蘇るでしょう。たとえば、卒業式での記念品の場合、卒業記念として残すことができるのは、とてもうれしいことです。ほかにも、店舗のオープン記念など、思い出を形に残したいときには名入れ記念品がぴったりといえるでしょう。

2-2.名前を知ってもらうことができる

名入れ記念品を製作する大きなメリットとして、名前を知ってもらう点があります。販促品やノベルティーの1つとして配る場合、いかに多くの人に知ってもらえるかが重要なカギになるでしょう。商品に会社のロゴや店舗の名前を入れることで、たくさんの人に目にする機会を与えることができるのです。商品を受け取った人は、知らず知らずのうちに頭に刻み込まれることになります。

2-3.企業や商品名に好感を持ってもらうことができる

名入れ記念品を気に入ってもらえれば、記載されている企業名や商品名に好感を持ってもらうことができます。それも、名入れ記念品ならではの大きなメリットです。たとえば、暑い夏の日にイベントでうちわやタオルを配ることになります。そこに名前を入れておくことで、そのときに助かった思い出やうれしかった記憶が蘇るでしょう。名入れ記念品に記載されている名前とともに思い出が蘇り、結果的に企業や商品の印象がよくなります。気に入った人の中には、SNSで情報を拡散してくれる可能性もあるでしょう。

3.名入れ記念品をデザインするポイント

ここでは、名入れ記念品をデザインするポイントを解説します。

3-1.まずは商品を決めることからスタート

名入れ記念品のデザインについて考える前に、まずはどのような商品にするのか決めなければなりません。ボールペンといった筆記用具からポケットティッシュ・タオル・小物入れ・ペンケース・ランチョンマットなど、さまざまな種類があります。配布数などから予算を決めて、ぴったりな商品を選ぶのがポイントです。また、どうすれば企業や店舗のアピールにつながるのか・どのようなモノが好印象を与えられるのか考えることも大切な要素となります。いくつか候補を決めて、名入れ記念品の商品を選びましょう。

3-2.学校名・企業名・校章・年度などを名入れする

一般的に、名入れ記念品には、学校名や企業名・店舗名、校章、年度などを入れることになります。卒業や卒園を記念して製作する場合は、卒業を祝う気持ちを伝えることに念頭を置いてください。学校名や校章を入れることで、もらった相手は「自分はこの学校を卒業した」といううれしい気持ちになります。店舗や企業のロゴ・名前だけでなく、オリジナルキャラクターなどがあればそのキャラクターを入れることも可能です。実際に、インターネットで検索して、どのようなデザインがあるのかチェックするといいでしょう。いろいろなデザインを参考にすれば、自然とアイデアが湧き出てくるはずです。

3-3.特別なデザインにすることも

名入れ記念品は名前を入れるだけでなく、特別なデザインにすることも可能です。オリジナル製作は、基本的に自分でデザインを考えることができます。「より特別感のある記念品にしたい」という気持ちが強いのであれば、オリジナリティーのあるデザインを考えるといいでしょう。中には、卒業後に記念品を使うことを考えて、あえて無地を選ぶケースもあります。記念品をもらう方に合わせてデザインを考えるのがポイントです。

3-4.製作業者に相談する

どうしても自分でデザインを決めることができない場合は、製作業者に相談するのも選択肢の1つです。オリジナル製作を行っている業者の中には、デザイン相談を受け付けているところがあります。どのようなデザインにしたいのか・どのようなシーンで使いたいのかなど、要望を伝えることでデザインの案を提示してくれるでしょう。ラフ画を渡すだけでデザインにしてくれる製作業者もあるので、なるべく製作実績のある業者に相談することが大切です。

4.名入れ記念品をオーダーする方法

ここでは、名入れ記念品をオーダーする方法について解説します。

4-1.製作実績のある業者に依頼する

前述したように、名入れ記念品を製作する場合は、オリジナル製作を行っている専門業者へ依頼することになります。オリジナル製作業者もさまざまな種類があり、それぞれどのような商品の製作に長(た)けているのか強みが異なるでしょう。なるべく実績のある製作業者に依頼するためにも、複数の業者を比較することが大切です。複数の業者を比較することで、どの製作業者が名入れ記念品の製作実績があるのか分かりやすくなります。中には、きちんと製作をせずに高額な費用を請求する悪徳業者が存在しているので注意が必要です。

4-2.製作依頼から納品までの大まかな流れ

製作依頼から納品までの大まかな流れは以下のとおりです。

  1. 電話またはメールフォームから製作業者に問い合わせをする
  2. 希望の製品に関する仕様・用途・数量・納期などを詳しく伝える
  3. 打ち合わせで決定した内容の見積書を確認する
  4. 見積書に納得すれば、イラストレーターでデザインを製作業者に送る
  5. 最終デザインを確認後、製作し納品

製作する商品や数量・デザインなどによって異なりますが、だいたい2週間~25日の間で納品が完了するでしょう。また、デザインの入稿方法に関しても製作業者によって異なるため、正式に依頼する前にしっかりと確認しておかなければなりません。

4-3.サイズや印刷方法なども要チェック!

名入れ記念品をオリジナル製作する場合は、サイズや印刷方法なども入念にチェックしておかなければなりません。製作業者によってサイズ展開が違ったり、印刷方法が選べたりします。どのような目的で名入れ記念品を選ぶのか、しっかりと考えながら選ぶことが大切です。製作業者の中には、自由に選べないところもあるのでその点も確認しておきましょう。イメージしたモノと完成品の差をなくすためにも、実際に製作したモノを見せてもらうと安心です。

4-4.注意しておきたいロット数

オリジナル製作を行う際に注意しておきたいのが、ロット数です。ロット数とは、1回で生産する製品数量のことを指しています。ロット数が5,000個の場合は、5,000個以上の発注だけになるので注意が必要です。5,000個以下の発注はできません。そのため、小ロット数での注文を考えている方は、ロット数を確認してから注文することをおすすめします。

5.名入れ記念品に関してよくある質問

名入れ記念品に関する質問を5つピックアップしてみました。

Q.名入れ記念品の定番商品は?
A.筆記用具・タンブラー・マグカップ・グラス・バッグ・時計・ライト・タオルなどが代表的な記念品です。最近では、USBメモリーやボトルなどおしゃれな商品も登場しています。名入れ記念品を配布するシーンや配る相手のことを考えて商品を選ぶといいでしょう。

Q.なるべく費用を抑えるには?
A.製作費用をなるべく抑えたい方は、比較的安価で製作できる商品を選ぶといいでしょう。おすすめは、布製品です。布製品はほかの商品よりも安価で製作できるので、たくさんの人に配る名入れ記念品としてはぴったりな商品といえるでしょう。たとえば、ランチョンマット・手ぬぐい・ポーチ・ブックカバー・ポケットティッシュケース・クッションカバーなどがあります。また、色数を抑えるのも費用を抑えるコツです。デザインがシンプルであればあるほど、費用を抑えることができるでしょう。

Q.デザインを入稿する方法は?
A.製作業者によって異なりますが、イラストレーターでデザインを入稿することになります。イラストレーターでデザインを考えた後、メールで送ることになるでしょう。メールで送ることができない容量であれば、大容量ファイル送信サービスを利用する方法もあります。製作業者によって簡単なデザインなら無料作成を行っているところもあるでしょう。複雑なデザインは有料になりますが、デザイン相談を受け付けている業者に依頼すれば安心です。

Q.オリジナル製作でよくある失敗は?
A.イメージと実物がまったく違ったという失敗例がよくあります。せっかくお金を出して製作したのにもかかわらず、イメージと実物が違えば無駄になってしまうでしょう。相違がないためにも、しっかりと製作業者との打ち合わせを入念に行っておかなければなりません。すべて製作業者に任せるのではなく、自分で納得してから正式に製作依頼をしましょう。

Q.製作業者選びのポイントは?
A.どの製作業者に依頼すればいいのか分からずに悩んでいる方は、以下のポイントを参考にしてください。

  • オリジナル製作の実績があるか
  • スタッフの対応が丁寧でスピーディーか
  • オリジナル製作商品の種類が豊富か
  • 実際に依頼した人の口コミや評判がいいか
  • 無料見積もりや無料相談を受け付けているか
  • 見積書の内容が具体的に記載されているか

布製品のオリジナル製作を行っているスズキネでは、デザイン相談や無料相談も受け付けています。名入れ記念品製作で悩んでいる方は、ぜひ一度お問い合わせください。

まとめ

名入れ記念品は思い出をモノとして残せるのはもちろんのこと、会社名や店舗名をアピールするメリットもあります。イベントでも配ることができるため、販促品やノベルティーとしてもおすすめです。理想の名入れ記念品を作るためにも、なるべく実績のある製作業者に依頼しましょう。デザイン相談を受け付けている製作業者なら、デザイン案が浮かばない方でも安心して依頼できるはずです。


創業明治40年の確かな実績!国内生産のオリジナル手ぬぐいが1枚149円〜

国内生産のオリジナル手ぬぐいが1枚149円~