オリジナル印刷の抱き枕カバーを作りたい! 業者に依頼する方法とは?


抱き枕とは、抱きしめて眠ることができるように作られた縦長の枕です。人の身長と同じくらいのサイズがあるので、お気に入りのマンガのキャラクターなどを印刷した枕カバーが人気を集めています。また、ノベルティとして抱き枕カバーを製作する企業なども増えてきているのです。

そこで、今回はお気に入りの写真や絵を印刷し、オリジナルのの抱き枕カバーを作る方法をご紹介しましょう。

  1. 抱き枕とは
  2. 抱き枕カバーの制作について
  3. オリジナル抱き枕カバーを製作する方法
  4. オリジナル抱き枕カバーを製作してくれる業者の選び方
  5. オリジナル抱き枕カバーの製作に関するよくある質問

この記事を読めば、ノベルティグッズや記念品を作る場合の選択肢も広がりますよ。抱き枕カバーを製作してみたいという方は、ぜひこの記事を読んでみてくださいね。

1.抱き枕とは

抱き枕とは、横向き寝をサポートし、リラックスして眠るため作られた、縦長の枕です。長方形・円筒型・人型・三日月形などたくさんの種類があり、愛用している方もたくさんいます。抱き枕の一番の特徴は長さです。160cm程度とちょうど人と同じくらいであり、柔らかい素材でできていることから、ぬいぐるみを抱くような感じで枕に抱きついて寝る方も多いことでしょう。そのため、人の形をした抱き枕や、人物がプリントされた抱き枕カバーも販売されています。

2.抱き枕カバーの制作について

この項では、オリジナルの抱き枕カバーを製作する目的やメリットをご紹介します。どのような時に製作されるのでしょうか?

2-1.オリジナルの抱き枕カバーとは?

抱き枕は、抱きしめて眠るために意外と汚れやすいものです。そのため、汚れ防止のためにカバーが販売されています。枕カバーというと無地や模様が入ったものが一般的ですが、抱き枕カバーはその大きさをいかして、人物をプリントしたり大きな柄や文字を入れたりすることも多いでしょう。今は印刷技術も進歩しており、1枚からオリジナルの抱き枕カバーを作ってくれるところもたくさんあります。

2-2.どんな時に作られているの?

オリジナルの抱き枕カバーは、アニメやマンガのキャラクターグッズとして販売されたり、同人誌即売会でファングッズとして配布されることが多い商品です。前述したように人物の全身が1枚にプリントできますから、お気に入りのキャラクターと添い寝気分も味わえます。アニメのキャラクターグッズを販売する店舗で売られている他、DVDの特典として付けられることもあるでしょう。

最近では、卒業の記念品や企業のノベルティグッズとして、抱き枕カバーを製作するところも増えてきました。印刷できる面積が広いので、デザインによっては企業の名前を深く印象付けることができるでしょう。また、他社とのノベルティの差別化を図りたいという場合にも好評です。

2-3.抱き枕カバーをノベルティグッズにするメリット

抱き枕カバーはティッシュやうちわなど、いわゆるノベルティグッズの定番商品に比べると、高級感があります。製作する費用はかかりますが、企業のイメージキャラクターなどを印刷すれば、キャラクターグッズとしての需要もあるでしょう。大きなものですが、たたんでしまえばコンパクトでかさばりません。流行もなく、男女どちらでも使えます。商品の付録としても使うことができるでしょう。人気のキャラクターがプリントされていたりデザインがステキだったりする場合は、カバー目当てに商品が売れるかもしれません。

3.オリジナル抱き枕カバーを製作する方法

この項では、オリジナル抱き枕カバーを製作する方法をご紹介します。ぜひ参考にしてくださいね。

3-1.製作を依頼できるところとは?

最近では、いろいろな印刷会社やノベルティグッズ販売会社が、オリジナルの抱き枕カバーの製作を行っています。業者によって依頼できる枚数が違うので、何枚から引き受けてくれるのか確認を忘れないようにしましょう。最近では、ホームページ上から、依頼からデータのやり取りまですべて行える業者もあるので、とても便利です。

3-2.どのくらいのサイズのものを依頼できるの?

抱き枕カバーを製作してくれる業者の多くが、150cm×50cmの長方形サイズを基本としています。業者によってはサイズ変更ができるところもあるでしょう。このサイズ一杯に1枚絵を印刷してもいいですし、細かい模様を散らしてもよいですね。飛行機や車などを印刷すると迫力があります。

3-3.抱き枕カバーの素材はどのようなもの?

抱き枕カバーの素材は、木綿・ポリエステル・サテンなどがあります。ポリエステルやサテン地のものは目が細かく光沢があるので、一見すると印刷映えするでしょう。しかし、枕カバーとして使う場合は耐久性がなく、汗も吸いにくいので使いにくいのです。無料で配るのでできる限り安く仕上げたい、という場合向けでもあります。

木綿は吸水性がよいので、枕カバーとしても広く使われている素材です。また、丈夫ですから洗濯も問題ありません。ただし、色や印刷技術によっては元の絵や写真と比べて色合いが違ってしまうこともあるでしょう。これを防ぐためには、打ち合わせを念入りにして、見本で発色具合を確認しておくとよいですね。

3-4.絵や写真をそのままプリントできるの?

抱き枕カバーは、写真やイラストをそのまま転写することができます。データ入稿の場合は、業者が指定するソフトを使ったり拡張子で保存したデータを元にして、製作を行うのです。この場合は、データを大きめに作るとよいでしょう。印刷面が大きなため、小さな画像を無理に引き延ばすと荒れてしまいます。また、指定されたソフト以外で製作したり拡張子があっていなかったりすると、色合いが変わってきますので、注意しましょう。

3-5.業者にデザインも依頼できる

デザイナーがいる業者ならば、デザインを別料金で依頼できます。名前入れの有無・色合いなどを指定してオーダーしてください。絵や写真を一面にプリントするよりも、ステキなものができるでしょう。

株式会社スズキネでも、オリジナル抱き枕カバーの製作を行っています。ホームページから簡単に見積もりや問い合わせもできますので、製作を考えている方は一度ホームページを見てみてください。

3-6.注意点

同人グッズとして抱き枕カバーを製作する場合は、オリジナルを製作している企業のガイドラインに従いましょう。個数などが制限されているはずです。また、同人グッズとはいえオリジナル絵を忠実に模写したものは海賊版になってしまいます。さらに絵の内容によっては、業者が印刷を引き受けてくれない場合もあるので注意してください。

4.オリジナル抱き枕カバーを製作してくれる業者の選び方

オリジナルの抱き枕カバーを製作してくれる業者には、1枚から引き受けてくれる業者と、10枚単位・100枚単位で注文を受け付けてくれる業者があります。10枚単位・100枚単位で注文した方が1枚当たりの単価は安くなるでしょう。
個人の趣味で製作する場合は1枚から製作を請け負ってくれる会社がおすすめです。この場合の単価は1万円前後の業者が多いでしょう。10枚単位・100枚単位の値段は業者によって異なるので、必ず見積もりを依頼してください。見積もりを見て発注を決めても構いません。

最近は、ホームページ上に納期を提示している業者が多いのですが、超特急で依頼したいという場合は相談してみましょう。割増料金で請け負ってもらえることもあります。数が多いほど納期は延びますので注意しましょう。

企業がノベルティグッズとして製作する場合は、デザイナーが常駐していて見本の確認などができるところがおすすめです。

5.オリジナル抱き枕カバーの印刷に関するよくある質問

Q.個人で楽しむためならば、既存のキャラクターを印刷してもらってもかまいませんか?
A.個人で楽しむのならば大丈夫です。

Q.抱き枕カバーを保管する際の注意点はありますか?
A.日光に当たると色あせてしまうので、日光が当たらない乾燥した場所で保管しましょう。

Q.会社がある県のゆるキャラをグッズに利用したいのですが、どうすれば利用できますか?
A.くまモンなど、自治体公式のゆるキャラの場合は、県が利用規約を定め、市役所のホームページなどで公開しているでしょう。それに従い、所定の使用料を納めて使用許可を得てください。

Q.変形型の抱き枕に合わせたカバーは作ってもらえますか?
A.業者に相談してみましょう。別途料金で引き受けてもらえるところもあります。

Q.カバーの印刷業者では、抱き枕の中身クッションは付けてもらえないのでしょうか?
A もらえません。抱き枕本体は自分で用意しましょう。

6.おわりに

いかがでしたか? 今回は、抱き枕カバーにお好みの絵や写真を印刷し、オリジナルの抱き枕カバーを製作する方法をご紹介しました。抱き枕カバーはファンやコレクターもおり、そのうちにコレクターズアイテムとしての価値も出るかもしれません。また、日頃お世話になっているお得意様用のノベルティグッズとして配っても喜ばれるでしょう。特に車・電車・飛行機などの写真は映えますし、子どもだけでなく大人にも人気です。また、細かい柄をたくさん配置しても面白いものができるでしょう。


創業明治40年の確かな実績!国内生産のオリジナル手ぬぐいが1枚149円〜

国内生産のオリジナル手ぬぐいが1枚149円~