のれんで店舗の集客率をあげよう!のれん作りのポイントと効果とは


店舗の「のれん」は宣伝効果抜群のアイテムです。
のれんによってお店のジャンルがすぐにわかります。
お店の名前はもちろん、雰囲気やコンセプトも伝えることができるものです。
のれんを設置しようか悩んでいる人は、ぜひのれんのメリットを知ってください。
これから、のれんを設置するメリットや効果をあげるのれん作りのポイント、のれんを作る際の注意点について説明します。
お店ののれん効果をきちんと理解して、理想的なのれんを作っていきましょう。

  1. のれんを設置するメリット
  2. 効果をあげるのれん作りのポイント
  3. のれんを作る際の注意点
  4. まとめ

1.のれんを設置するメリット

よくお店の前にかかげている「のれん」には、一体どんなメリットがあるのでしょうか。
事前にメリットを把握しておいたほうが上手に活用できます。
これから、のれんを設置しようと考えている人はぜひ参考にしてください。

1‐1.安い費用で集客率があがる

のれんには集客率のアップが期待できます。
お店にとって集客率はとても大切なものです。
集客率をあげていかなければお店が繁盛しません。
主に、のれんにはお店の名前を記載します。
お店の名前を表にかかげることですぐに見つけることができ、お客さんを引きこむことができるでしょう。
逆に、のれんがなければ何のお店なのかわかりません。
営業しているかどうか、お客さんが不安な気持ちになってしまいます。
つまり、のぼりには集客率のアップと同時にお客さんの気持ちが薄まるアイテムです。
のぼりのほかにもポップや手作りの看板などさまざまなアピール方法があります。
しかし、のぼりは安い費用で作ることができるのです。
費用を抑えつつもお店がアピールできる方法と言えるでしょう。

1‐2.雰囲気の演出、目隠し効果

お店によってのれんの種類や形が異なるでしょう。
なぜなら、お店によってコンセプトが決まっているからです。
それぞれお店のコンセプトに合ったのれんを使っています。
逆に、コンセプトとは違うのれんを使っているお店は何を売りにしているのかわかりません。
お客さんの集客率も自然とさがっていってしまいます。
以上のように、のれんには「雰囲気を演出する」メリットがあるのです。
お店のそとにかかげるのれんが上手に雰囲気を演出してくれるでしょう。
そして、もう1つ「目隠し効果」も期待できます。
できるだけ、お店が準備している様子はそとにもらしたくないですよね。
扉をしめたらいいと思うでしょう。
けれども、空気の入れ替えは必要になります。
そこで、のれんの効果が発揮するのです。
のれんがあれば道行く人から店内を隠すことができます。

1‐3.紫外線の防止

暑い日が続く夏場は太陽の日差しが非常に強いでしょう。
紫外線が店内に入ることでお客さんや従業員に悪影響をもたらす可能性があるのです。
人は紫外線をあび続けると皮膚がんや白内障の病気になると言われています。
顔の皮膚にあたるとシミやそばかすの原因にもなるでしょう。
できるだけ紫外線の影響を受けないためにも、のれんを活用してください。
のれんは太陽の日差し、紫外線の防止効果を持っています。
店内へそそぐ紫外線がカットできるので、女性にはうれしい効果ですね。
また、紫外線防止によって省エネ効果も期待できますよ。

2.効果をあげるのれん作りのポイント

2‐1.のれんを作る「目的」と「コンセプト」を決める

のれんが持っている効果をあげるためには、のれん作りのポイントを押さえておかなければなりません。
適当にのれん作りをすれば効果がゼロになってしまいます。
まず、のれん作りを始める前に「目的」を明確にしてください。
何のためにのれんを作るのか、はっきりしておかなければ失敗します。
たとえば、お客さんにお店の位置を知ってもらいたい、歩行者にアピールしたいなど目的はさまざまです。
目的を明確にしておけばお客さんにお店の思いが伝わりやすくなります。
そして、目的を明確にすると同時に「コンセプト」も決めてください。
コンセプトによってお店の雰囲気が変わります。
のれんは雰囲気を演出する効果を持っているため、コンセプトが大切です。

2‐2.文字とレイアウトを決める

目的とコンセプトを決めた後は「文字」と「レイアウト」について考えていきましょう。
のれんにほどこす文字とレイアウトはのれん作りの大切なポイントです。
基本的にお店に使うのれんは文字が決まっています。
のれんにいれる文字は屋号、業種、お店のロゴ、キャッチコピーになるでしょう。
文字のデザインも幅広いため、コンセプトや目的に合ったものを選んでください。
ただし、長い文章はNGです。
長すぎる文字はごちゃごちゃした印象を与えてしまいます。
次に「レイアウト」ですが、のれんの大きさによってレイアウトが大きく異なるでしょう。
横長にするのか、それとも縦長にするかお店のデザインを考えて決めてください。
代表的なのれんのレイアウトは、左すみに屋号、中央に大きく業種やロゴを持ってくるデザインになるでしょう。

3.のれんを作る際の注意点

3‐1.業者との打ち合わせは入念に

のれんを作る際、ほとんどのお店が専門の業者に依頼します。
業者との打ち合わせは入念に続けていかなければなりません。
大まかなデザインはお店のほうで決めますが、より具体的にすすめるには業者の意見も取りいれることが大切です。
のれん作りのプロである業者は的確なアドバイスをしてくれるでしょう。
より良いのれんを作るためにも、話し合いはきちんとしてくださいね。
信用できる業者ほど、現物を見せながらデザインを考えてくれます。
逆に、信用できない業者は適当に注文を受けて作っているだけです。
業者と話し合いをするとき、真剣に考えてくれているかどうか反応をチェックしていきましょう。
業者の対応によって信用できるかどうか見極めることができます。
また、理想のデザインを具体的に伝えることも大切です。

3‐2.無料見積もりを利用する

お店オリジナルののれんを作る際、デザインと同じく気になるのが「費用」です。
できるだけ費用を抑えつつ、納得いくのれんを作りたいでしょう。
そこで、ぜひ利用してほしいのが「無料見積もり」です。
無料見積もりはホームページでも気軽に申し込みができます。
数量やデザイン、のれんの大きさなど伝えたうえで業者が簡単に見積もってくれるシステムです。
対応が早い業者は24時間以内で返信してくれます。
どこの業者に依頼していいのか悩んでいる人は、無料見積もりで比較してみてください。
無料見積もりやサービス内容、スタッフの対応を比較して信用できる業者を見つけていきましょう。
見積もりに疑問点があればすぐに尋ねてくださいね。

4.まとめ

のれんを設置するメリットや効果をあげるのれん作りのポイント、のれんを作る際の注意点について説明しました。いかがでしたでしょうか。
のれんには主に「安い費用で集客率があがる」「雰囲気の演出や目隠し効果」「紫外線の防止」が期待できます。
お店をお客さんにアピールするための立派な看板になるでしょう。
効果をあげるのれんを作るためにも大切なポイントを押さえておかなければなりません。
最低でものれん作りの「目的」や「コンセプト」は明確にしてください。
そして、文字とレイアウトを決めていきましょう。
ポイントをきちんと押さえておけば、満足いくのれんを作ることができますよ。
のれんの効果で集客率をあげてくださいね。


創業明治40年の確かな実績!国内生産のオリジナル手ぬぐいが1枚149円〜

国内生産のオリジナル手ぬぐいが1枚149円~