集客効果の高いのぼりをつくる3つのポイント


飲食店で効果的に集客するには、のぼりを上手に活用するのがおすすめです。のぼり旗そのものに大きな効果がありますが、同時に慎重なデザインと配置の計画で、のぼりの集客効果をさらに高めることができます。それでは、のぼりの集客効果と、効果の高いのぼりをつくるための3つのポイントをご紹介しましょう。

  1. のぼり旗の集客効果
  2. 集客効果の高いのぼりをつくるためのポイント
  3. 確実に利益につながるのぼり

1.のぼり旗の集客効果

1-1.集客の効果は絶大

のぼり旗は古くからある宣伝方法ですが、その効果は今も健在です。のぼりの活用で、集客力は1.5倍から2倍に増えたという飲食店も少なくありません。飲食店の場合は、リピーターも大切ですが、新たな顧客確保も大切です。歩きながら飲食店を探す人や車で探す人もいます。どちらの場合も、遠くからのぼりを見つけることで、「飲食店がある」と事前にわかり、到着を目指して向かうことができるのです。店を見つけて入店するよりも、遠くから見つけた方が、入店しやすくなります。そのような人間の心理にぴったり合致するのがのぼりの効果なのです。

1-2.費用対効果に優れている

のぼり旗の作成費用は高くありません。また、1度作成したなら、毎日のメンテナンス費用は0円なのです。宣伝方法には、のぼりのほかにもダイレクトメールや新聞広告、フリーペーパーへの広告やクーポン配布などさまざまな方法がありますが、のぼりの費用は格段に安く済みます。安い費用ながら、効果は絶大なのです。ですから、飲食店でのぼりを使わずに経営するのは、大切な広告手段に手を出していないことになるでしょう。費用対効果という点からも、のぼりはおすすめの広告方法なのです。

1-3.お店の意気込みを見せよう

のぼりは店の意気込みを伝えるにも効果的です。通常、のぼりは開店時間中にかかげます。ですから、店の近くを行き交う人は、のぼりを見るだけで「この店は開店している」と認識するのです。店の前まで来て「OPEN」の札を見なくても、開店していることがわかります。また、店の看板メニューをのぼりで知らせるなら、店が力をいれているポイントを簡単に伝えることができるでしょう。店の意気込みを知ってもらうには、のぼりを使ったアピールが断然おすすめです。

2.集客効果の高いのぼりをつくるためのポイント

2-1.目立つのぼりと入りたくなるのぼり

のぼりをつくるときは、必ずオリジナルデザインにしましょう。のぼりをかかげている飲食店は数多くあります。ですから、どこかで見たことのあるのぼりを使っては、インパクトが弱いのです。とはいえ、「目立てばよい」というわけではありません。実際、「目立つのぼり」と「入りたくなるのぼり」は違います。「入りたくなるのぼりのデザイン」は、のぼり作成業者に相談するのがおすすめです。店のテーマ、ターゲットの顧客層など考えるべき点が数多くあります。しっかりと重要な点をのぼりに反映するには、オリジナルデザインが重要なのです。

2-2.色とデザインを慎重に選ぼう

のぼりの色とデザインもプロに相談しながら慎重に決めましょう。色は人の感情に働きかける強い印象を与えます。色に対して、自然と脳は反応するのです。参考のために、飲食店街を歩き、どのような色をのぼりに使用しているか観察するとよいでしょう。飲食店で青色を使うのぼりは少ないはずです。青などの寒さを連想する色は食欲を抑える印象を与えます。そのため、青を使うのぼりは飲食店では少ないのです。一方、政治団体や保険会社の看板やマークでは、清潔感のある青をよく用います。このように、色やデザインは潜在意識に強く働きかける力があるのです。

2-3.複数ののぼりを立てよう

のぼりはひとつだけを立てる、または異なる種類のものをたくさん立てるなどはおすすめできません。同じのぼりを複数立てることで、より強い安定した印象を与えることができます。たとえば、3種類ののぼりを2本ずつ立てるなど、一貫性を保つことも大切です。異なる内容ののぼりでも、色調を統一するのがよいでしょう。清潔感や安定感を強調できます。また、店のテーマ色を一貫して用いるのがおすすめです。のぼりのほかにも、メニューや紙ナプキン、割りばしの袋などにも一貫性を保ちましょう。細かなアイテムで一貫性をもつことで、自然なかたちで店の印象をアピールできるのです。

3.確実に利益につながるのぼりとは

3-1.定期的な交換で店の印象アップ

のぼりは定期的に交換してください。目安は6か月ごとの交換です。まだ使えると思っても、古くなったのぼりは惜しまずに処分し、新しいものにしましょう。シーズンごとに変えるのもよいですが、翌年も同じものを使うのはおすすめできません。店の印象にも強くつながるため、必要な投資と思って定期的にのぼりは新調しましょう。

3-2.配置も慎重に考えよう

のぼりの配置を慎重に考えることも大切です。配置には主に3種類の方法があります。直線に並べるタイプ、入り口の両脇に配置するタイプ、またランダムに配置するタイプの3つです。最も効果的なのは、直線に並べるタイプでしょう。直線に並べるなら、進行方向から見えにくいと思いがちですが、実際に確認すると統一感や一体感があり、それぞれののぼりも意外と見えるものです。入り口の両脇に配置するタイプも効果はありますが、店構えが小さく見える傾向があります。ランダムに置くなら、すべてののぼりが見えそうですが、統一感がなく、乱雑なイメージになり印象はよくありません。

3-3.店のテーマを押しだすメリット

飲食店では、店のテーマをしっかりもつことが大切です。のぼりは宣伝効果があると同時に、店の印象をしっかりとお客さんの潜在意識に残す効果があります。デザインや色、トレードマークの活用方法などもよく考えてのぼりのデザインを決めましょう。オリジナルののぼりを扱う業者に相談するなら、適切なアドバイスをもらえるはずです。

まとめ

いかがでしたか?のぼりには絶大な集客効果があります。とはいえ、その集客効果を最大限にいかすには、色やデザインを慎重に決めるべきです。また、のぼりの配置や数もよく計画しましょう。定期的な交換も店の印象をよくします。費用対効果から考えても、のぼり旗は大切な宣伝手段です。無料の見積もりを活用して、のぼり作成業者に詳細を相談しましょう。


創業明治40年の確かな実績!国内生産のオリジナル手ぬぐいが1枚149円〜

国内生産のオリジナル手ぬぐいが1枚149円~