チームでお揃いグッズを作ろう!定番や選ぶポイントは?


学校のサークルやクラブ、スポーツチーム、地域の団体などでお揃いグッズを作ってみたいと思いませんか?
タオルや手ぬぐい、Tシャツなどのお揃いグッズを作っている会もたくさんあるのです。
お揃いグッズがあれば団結力もさらに高まり、思い出の品として残すこともできますよ。
「どんなグッズにしよう」と悩んでいるなら、ぜひこの記事を参考にしてみてください。

  • チームのお揃いグッズを作りたい
  • どんなものが定番なのか?
  • どこに依頼すれば作ってもらえるのか?

そんな人は必見です。

1.チームお揃いグッズを作るメリット

まずは、チームでお揃いのグッズを作ることにどんなメリットがあるのか考えてみましょう。

1-1.チームの一体感・団結力が高まる

この目的でお揃いグッズを作るチームがほとんどではないでしょうか。
チーム全員がお揃いのグッズを持っていると、チームが1つになっていることを表現しやすくなります。
「仲間」という意識が高まるのは言うまでもないでしょう。
そして、チームの団結力が高まることによって、チーム全体の目標達成が定まりやすくなります。
「あの大会に向けて頑張ろう」というように、チームのモチベーションアップにもつながるでしょう。
ほかのチームと差をつける意味でお揃いグッズを作るのもよいですね。

1-2.目印になる

グッズにもよりますが、Tシャツなどの大きめのものであれば「チームの一員である」という目印にもなります。
チームに所属していない人にとっても、目印となって見つけやすいためありがたいものです。
お揃いグッズを作ることでチームカラーもはっきり決まるため、手作りの応援グッズなどを作りやすくなるでしょう。
応援団とチームの結束力も高くなります。

1-3.思い出として残すことができる

お揃いのグッズを持つことで、チームの思い出として残すことができます。
スポーツで残すことができるのは、記録だけではないのです。
記憶としていつまでも心の中に残すためにも、お揃いグッズを作っておくとよいでしょう。
形として残しておくことは、ときとして今後の人生にも大きな影響を与えることになるのです。

2.チームお揃いグッズの定番品

では、チームお揃いグッズは何にしたらよいのでしょうか。
定番品をいくつかご紹介します。

2-1.ユニフォーム・Tシャツ

ユニフォームはスポーツの試合に出場するときに必要です。
お揃いにすることでチームの結束を固めることができるでしょう。
ユニフォームだと値段の問題で難しい場合は、Tシャツもおすすめです。
練習のときだけでなく、チームのメンバーでバーベキューなどのイベントをするときにも活躍するのではないでしょうか。

2-2.タオル・手ぬぐい

タオルはスポーツの必需品と言えるでしょう。
チームを卒業した後も使用できますよね。
チーム名やロゴなどをプリントしたものであれば、より記念になるでしょう。
また、最近はオリジナルの手ぬぐいを作るチームも増えてきています。
できるだけ低価格で抑えたいなら、日本手ぬぐいがよいでしょう。
デザインが豊富なため、理想のものを見つけやすいと思います。
もちろん、手ぬぐいを飾る専用の額なども販売されているため、絵画のように飾ることもできるでしょう。
オリジナルイラストやチーム名などもプリントできますよ。
手ぬぐいなら細かい線もはっきり出るため、精密なイラストでもきれいにプリントできるでしょう。
最近は、オリジナルの手ぬぐいを作っている業者も多くなっています。
まずは相談してみてはいかがでしょうか。

2-3.文房具

ボールペンやシャープペンなどにオリジナルのロゴを入れるのもおすすめです。
普段から使用することができますよね。
また、勉強や仕事がつらいときにも、仲間たちに支えられているような気持ちになれるのではないでしょうか。

2-4.キーホルダー・ストラップ

オリジナルグッズの定番とも言えるでしょう。
キーホルダーはバッグにつけておくと団結力がアップするのはもちろん、練習試合や遠征に行った際にも目印になりますよね。
チーム全員がお揃いのストラップを使っているのもおしゃれでしょう。
ユニフォームやボールなどをデザインしやすく、安価なためたくさん作ることができます。
ただし、贈る相手が男女混合の場合は、どちらにも使いやすいデザインにするのが難しいこともあるでしょう。

3.チームお揃いグッズの選び方

次に、お揃いグッズを選ぶ際のポイントをご紹介します。

3-1.分かりやすいもの

一目で「お揃い」だということが分かるものを選ぶようにしましょう。
そうでなければ、お揃いグッズを作る意味がありませんよね。
男女混合のチームであれば、色違いで作るのはよいでしょう。
しかし、全くの別物に見えるようならやめた方がよいと思います。
チーム名やロゴを大きめに入れて「同じチームの人間だ」ということが分かるようにしましょう。

3-2.長持ちするもの

せっかくお揃いグッズを作っても、すぐに使えなくなってしまうようなものでは意味がありません。
Tシャツやタオル、手ぬぐいのようによく使用するものであれば、少し質のよいものを選ぶとよいでしょう。
洗濯するたびに色が落ちたり、ヨレヨレになってしまったりするものだと使いにくさを感じます。
予算と相談しながら、できるだけ長持ちするものを選んでください。

3-3.思い出に残るもの

チームを卒業してからは、お揃いグッズを「思い出の品」として残すことになるでしょう。
そのグッズを見るたびに、チームで過ごした毎日のこと、仲間のことを思い出せるようなものを選ぶようにしてください。
きちんと保管していれば、一生の思い出として残しておくこともできるでしょう。

4.お揃いグッズの作り方

では、チームお揃いグッズを作る際はどうしたらよいのでしょうか。
自分で作る方法と業者に依頼する場合の注意点をご紹介します。

4-1.自分で作る場合

「オリジナルデザインのグッズを自分で作るのは難しい」と思っている人も多いでしょう。
しかし、共通のキットを購入すれば、手分けして簡単に作業することが可能です。
何度か集まって作成する時間を設ける必要はあります。
しかし、その時間もまたよい思い出になるはずです。
自分で作る場合は、マグカップやハンカチなどデザインしやすいものがおすすめ。
ただし、素人が作るとやはり質のよさは期待できないでしょう。

4-2.業者に依頼する

より完成度の高いものを望むのであれば、やはり業者に作成を依頼するのが一番でしょう。
最近は、依頼から打ち合わせ、注文までをインターネットでできるため、直接業者に出向く必要もありません。
自分たちで作成するよりも手間と時間を短縮できるはずです。
もちろん、業者が用意している品物にチーム名やオリジナルイラストを入れてもらうことも可能でしょう。
いくつかデザインのパターンが用意しているため、自分で考える自信がない人にもおすすめですよ。
何よりも、仕上がりがきれいなのは業者に依頼した方でしょう。
「あまり時間がない」「完成度の高いものを作りたい」という場合は、ぜひ検討してみてください。

5.まとめ

いかがでしたでしょうか。
チームお揃いグッズを作るメリットはたくさんあります。
何を選ぶかでチームの士気も変わってくるでしょう。
より団結したチームにしたいのであれば、ぜひこの記事を参考にしてグッズ選びをしてみてください。


創業明治40年の確かな実績!国内生産のオリジナル手ぬぐいが1枚149円〜

国内生産のオリジナル手ぬぐいが1枚149円~