手ぬぐいについて 一覧

手ぬぐいの染め方の一種、反応染めの特徴は?

最近、手ぬぐいが再び人気を集めています。京都などの観光地では、かさばらないおみやげとしてノベルティや記念品としてオリジナル手ぬぐいを作成する人も多いです。

そこで、今回は手ぬぐいの染め方のひとつ、反応染めの特徴についてご紹介します。いったいどのような特徴があるのでしょうか?

また、手ぬぐいのほかの染め方についてもご紹介します。オリジナルの手ぬぐいを作りたいという方やノベルティグッズとして手ぬぐいを作成したいという方は、ぜひこの記事を読んでみてください。

  1. 手ぬぐいは粗品の元祖?
  2. 反応染めの特徴は?
  3. ノベルティグッズ用の手ぬぐいを格安で作るには?
  4. 反応染めで作った手ぬぐいの使い方は?

続きを読む



オリジナル手ぬぐいの魅力に迫る! 初めてでも簡単なオーダーのコツ

オリジナルの手ぬぐいをオーダーでつくってみましょう手ぬぐいは日本の伝統的なタオルともいうべき存在で、汗や手を拭くほかにも祭りの豆絞りにも使われます。現代ではその個性的な柄に人気が高まっており、さまざまな場面で使える便利な手ぬぐいが注目を集めているのです。

ここでは、オリジナルにつくれる手ぬぐいのメリットや特徴、オーダー方法についてご紹介します。

  1. オリジナル手ぬぐいをつくるメリット
  2. オリジナル手ぬぐいのオーダー方法
  3. こんな手ぬぐいがオーダーでつくれる
  4. 手ぬぐいをオーダーする際の注意点

続きを読む



手ぬぐいの「主要な染め方3種類」それぞれの特徴とは?

手ぬぐいの染め方は、大きく分けて3つあります。手なっ染(てなっせん)、注染(ちゅうせん)、顔料プリントの3つです。「色々な方法があって、どれを選んだらいいのかわからない」という方のために、今回は手ぬぐいの染め方の種類とそれぞれの特徴をご紹介しましょう。

  1. 伝統的な染め方「手なっ染」
  2. 染料で直接染め上げる「注染」
  3. 生地の上に顔料を乗せる「顔料プリント」

続きを読む



オリジナル手ぬぐい製作に関心がある方必見! 4つの情報を徹底解説!

昔から日本で使われてきた「日本手ぬぐい」。現在でも根強い人気がありますよね。市販されている手ぬぐいを汗拭きタオルとして使っている人も多いですが、最近ではオリジナル手ぬぐいを作って販促を促す記念品やグループアイテムにしている人たちもいるようです。オリジナル手ぬぐいの価格はリーズナブルなので手軽に作成することができるでしょう。

あなたもオリジナル手ぬぐい製作に挑戦してみたいと思っていませんか? もしそうなら、オリジナル手ぬぐいの特徴について知りたいと思うことでしょう。
そこで本日は、オリジナル手ぬぐい製作について役立つ情報を4つお届けいたします。オリジナル手ぬぐいを作成するメリットや作成できる手ぬぐいの種類等についてもご紹介しますので、オリジナル手ぬぐい製作に興味がある方は是非参考にしてみてください。

  1. オリジナル手ぬぐいを作成するメリットは?
  2. 色々な場面で活躍するオリジナル手ぬぐい
  3. あなただけのオリジナル手ぬぐい! どんな種類がある?
  4. プロに依頼して完成度の高いオリジナル手ぬぐいを製作

続きを読む



同じように見えても違う? 手ぬぐいの生地の種類とは?

手ぬぐい

手軽なお土産物や記念品として人気の高い手ぬぐい。
一見するとどれも同じような生地に見えますが、実はいくつかの種類があり、それぞれ異なる特徴を持っているのです。
それはいったい何でしょうか?そこで今回は手ぬぐいの生地の種類についてご紹介しましょう。
手ぬぐいに興味があるという方はぜひ読んでみてください。

続きを読む



手ぬぐいが切りっぱなしになっている理由は? 2つのほつれ対処方法!

手ぬぐいは昔から日本に伝わる万能布製品。日本手ぬぐいの特徴は手ぬぐいの端が切りっぱなしになっていることですよね。そのため「切りっぱなしになった部分のほつれが気になる」という人もいます。確かに日本手ぬぐいの端は切りっぱなしになっていますが、それには多くのメリットがあるんですよ。

具体的には、端を塗っていないので乾きが早い・手ぬぐいに雑菌が溜まりにくい・簡単に手で裂くことができるので応急処置に役立つ・・・このようなメリットを挙げることができます。

生地の端が切りっぱなしになった日本手ぬぐいは、お弁当の包みや汗拭きタオルとして衛生的に使うことができるでしょう。しかしながら、切りっぱなしになっている部分がほつれてしまった場合はどうすればいいのでしょうか? 実は、とても簡単な方法で対処することができるのです。その方法を知りたいと思いませんか?

そこでこの記事では、日本手ぬぐいのほつれ対処法を2つご紹介しましょう。手ぬぐいのほつれが気になる方は是非参考にしてみてくださいね。

  1. こまめに洗濯する
  2. ほつれた糸は切りそろえる

続きを読む



お祭りでぜひ試してみたい!! 手ぬぐいのかぶり方5つ

お祭りなどで頭にきりっと手ぬぐいをかぶった人たちはとても格好良く見えますね。一昔前までは掃除の埃よけや帽子がわりに手ぬぐいをかぶる人もたくさんいました。
そこで今回は簡単にできる手ぬぐいのかぶり方を5つご紹介しましょう。

手ぬぐいはバンダナと同じように色々なかぶり方ができるんですよ。家に手拭いがあるという方はぜひこの記事を読んで手ぬぐいをかぶってみてください。

  1. 姉さんかぶり
  2. 男まき(喧嘩かぶり)
  3. 巻かぶり
  4. 泥棒かぶり
  5. 置き手ぬぐい

続きを読む



どう使い分ければいい? 手ぬぐいとタオルの違いは?

手ぬぐいとタオル。どちらも、汗を拭いたり、手洗い後の濡れた手を拭いたり…、同じ用途で使用されることが多いですよね。では、これらはどのように使いわければよいのでしょうか?

実は、手ぬぐいには手ぬぐいの、タオルにはタオルの良さがあるのです。そこで今回はこの2つの違いをご説明しましょう。手ぬぐいとタオルの使い分けに悩んでいる方は、ぜひ参考にしてください。

  1. 素材は同じ
  2. 手ぬぐいはかさばらず乾きやすい
  3. 夏場は手ぬぐいのほうがおすすめ?
  4. 使いにくければ切ってしまおう

続きを読む



時代と共に用途も変化してきた!? 手ぬぐいの歴史とは?

手ぬぐい私たちの生活にすっかりなじんでいる手ぬぐい。
今は手や顔を拭く役割はタオルに取って代わられましたが、家に1本も手ぬぐいがないというご家庭は少ないのではないでしょうか。
そこで今回は手ぬぐいの歴史をご紹介しましょう。
時代と共に用途も変化しています。
手ぬぐいが好き、という方はぜひ読んでみてくださいね。

続きを読む



これだけで押さえておけばOK! 手ぬぐいの洗い方の3つの注意点は?

最近の手ぬぐいは、しゃれたデザインのものも増え、実用的な使い方をする他に絵画のように飾って楽しむ方も増えてきました。そこで気になるのが手ぬぐいのお手入れの仕方。木綿の布ですから洗うことができるのですが、いくつかの注意点があるんです。

そこで今回は、手ぬぐいを洗う際に気をつけるべきポイントをご紹介します。

  1. 手ぬぐいは色落ちするものである
  2. 手ぬぐいは手洗いをしよう
  3. 陰干しにしよう

続きを読む



1 2
国内生産のオリジナル手ぬぐいが1枚149円~