業務用布コースターの魅力は? 活用事例や製作依頼の方法も紹介!


「業務用の布コースターを製作したいが、費用はどのくらいかかるのか?」「デザインを作成するコツが分からない」とお悩みではありませんか? 実用的かつ高級感がある布コースターは、飲食店での使用をはじめ、さまざまなシーンで活躍しています。オリジナル製作を依頼して、ほかにはない布コースターを作ってみてはいかがでしょうか。

この記事では、布コースターの魅力や活用事例・業者への依頼方法などを詳しくご紹介します。

  1. 布コースターの特徴は?
  2. 布コースターの活用事例を紹介
  3. 業務用布コースターの作成方法
  4. 布コースターのデザインを作成する3つのコツ
  5. 業務用布コースターに関するよくある質問

この記事を読むことで、布コースターの製作業者を選ぶポイントや、デザインを作成する上で知っておくべきことなどが分かるはずです。ぜひ参考にしてください。

1.布コースターの特徴は?

まずは、布コースターの特徴や魅力などをご紹介しましょう。

1-1.ほかの素材にはない魅力がある

一般的にコースターには、紙製やコルク製・珪藻(けいそう)土製・フェルト製などの種類があります。その中でも、布コースターは吸水性にすぐれており、汚れても洗って繰り返し使用できるのが特徴です。使いやすさや管理のしやすさはもちろんのこと、見た目に温かみや高級感があるという点も大きな魅力でしょう。

1-2.オリジナル性が高いコースターになる

飲食店などで特に目にすることが多いのは、紙製やコルク製のコースターでしょう。そのため、布コースターはオリジナル性が高く、お客さまの印象に残りやすい素材といえます。デザインもきれいに印刷できるため、「ほかにはない印象的なコースターを製作したい」という人にぴったりです。

2.布コースターの活用事例を紹介

布コースターはどのような場面で活用できるのでしょうか。活用事例をいくつかご紹介します。

2-1.飲食店での使用

飲食店では必ずといってよいほど、コースターを使用します。グラスの水滴を受け止めてテーブルに付かないようにすること・テーブルに傷を付けないことなどが目的です。そんなコースターにオリジナル性を持たせることで、お客さまの目にとまりやすくなり、お店の宣伝にもつながるでしょう。

2-2.イベントの記念品

飲食店の開店記念や周年記念の記念品として布コースターを配布するのもおすすめです。普段お店で使用しているコースターとは一味違ったものにするために、布製のコースターを製作してみるのもよいでしょう。もちろん、飲食店に限らず、同好会やサークルのイベントで、記念品として布コースターを配布する例もあります。

2-3.企業のノベルティー

布コースターは、企業のノベルティーとしても人気があります。実用的であること・かさばらないことなどから、受け取った人に喜んでもらえるアイテムといえるでしょう。また、コースターをコレクションとして集めている人も多いため、幅広い世代に向けたPRにつながるはずです。

3.業務用布コースターの作成方法

布コースターの製作を依頼する方法や業者の選び方・製作を依頼する際に確認すべきことなどをまとめました。

3-1.まずは無料見積もりを依頼しよう

布製品の製造・販売を行っているスズキネでは、以下のような流れで製作依頼を受け付けています。

ホームページのフォームから無料見積もりを申し込む

  1. 見積もりの内容に問題がなければ、業者との打ち合わせを開始する
  2. 打ち合わせで決定した内容をもとに、正式な見積書を提示される
  3. デザインデータを業者に送付する
  4. 製作開始
  5. 納品・支払い

3-2.業者選びのポイントは?

布製コースターの製作業者を選ぶ際は、以下のポイントを参考にするとよいでしょう。

  • 豊富な実績があるか
  • 無料見積もりを受け付けているか
  • 料金体系が明確か
  • スタッフの対応が丁寧でスピーディーか
  • 製作に関するきちんとした説明があるか

3-3.印刷方法やサイズを確認しておく

布製コースターの製作を依頼する際、事前に確認すべきことがいくつかあります。まず、どのような方法で印刷するのかを確認しましょう。スズキネではフルカラー印刷を採用しており、高品質な印刷が可能です。また、サイズは基本的に10cm×10cmで製作していますが、要望によっては変更にも対応できるため、ぜひご相談ください。

4.布コースターのデザインを作成する3つのコツ

布コースターのデザインを作成するためのコツをご紹介しましょう。

4-1.何を目的にするかを明確に

まずは、布コースターを製作する目的を明確にしましょう。たとえば、飲食店で使用するコースターとして製作する場合は、飲食店を印象づけることができる店名やロゴを入れる必要があります。イベントの記念品として配布するのであれば、イベント名やキャラクターなどをデザインに入れるとよいでしょう。オリジナル性が高いものを目指しながらも、必要な情報は必ず入れるようにしてください。

4-2.誰でも使いやすいデザインを心がける

誰もが使いやすいデザインを心がけることも大切です。ターゲットを絞って配布する場合は、その世代の流行(はや)りを取り入れるのもよいでしょう。しかし、不特定多数の人をターゲットにするのであれば、どの世代にも受け入れられやすい、シンプルめのデザインにするのがおすすめです。

4-3.迷ったときは業者に相談を

デザインの作成に迷ったときは、業者に相談しましょう。実績が豊富な業者であれば、イメージに近いデザインを提案してくれるはずです。また、スズキネでは、簡単な手書き原稿をもとにデータ作成の代行にも対応しています。気軽にご相談ください。

5.業務用布コースターに関するよくある質問

「業務用布コースターを製作したい」という人が感じる疑問とその回答をまとめました。

Q.布コースターの製作費用相場はどのくらいですか?
A.注文する枚数によって1枚あたりの単価は変わってきますが、300枚の注文で1枚200~300円前後が相場でしょう。

Q.自分で布を持ち込んでコースターを製作してもらうことはできますか?
A.印刷方法に合った布を使う必要があるため、持ち込みでの製作は受け付けていない業者がほとんどです。

Q.  少ない枚数でも製作してもらえますか?
A.業者によって最小ロット数が決まっているため、事前に確認してください。最小ロット数以下の発注に応じている業者もあるので相談してみるとよいでしょう。

Q.デザインを決める際の注意点は何ですか?
A.他人に著作権や肖像権があるイラストなどを勝手に使わないよう注意してください。インターネット上の画像にも著作権は存在するため、著作権フリーの素材かどうかを必ず確認しましょう。

Q.注文から納品までどのくらいかかるのですか?
A.スズキネでは、データ入稿から約25日後を目安に納品しています。

まとめ

布コースターの魅力や業者に製作を依頼する流れなどをまとめてご紹介しました。布コースターは、飲食店をはじめ、イベントの記念品や企業のノベルティーとしても大変人気があります。ぜひこの記事を参考に、手に取った人の印象に残る布コースターを製作してください。


創業明治40年の確かな実績!国内生産のオリジナル手ぬぐいが1枚149円〜

国内生産のオリジナル手ぬぐいが1枚149円~