手ぬぐいの使い方を知りたい! おすすめ&人気の活用法を詳しく紹介!


今人気の手ぬぐいを、いろいろな使い方で活用してみませんか? 手ぬぐいは、本来の使い方だけでなく、アイデアしだいで驚くほどの活用法があります。とはいえ、実際にどんな使い方があるのか、どんな手ぬぐいを選ぶとよいのかなどよく分からないこともあるでしょう。

そこで今回は、手ぬぐいの使い方について詳しく解説します。

  1. 手ぬぐいの魅力
  2. 手ぬぐいの使い方は?
  3. スズキネでオリジナル手ぬぐいを作ろう
  4. 手ぬぐいの使い方に関するよくある質問

この記事を読むことで、手ぬぐいの上手な使い方がよく分かります。まずは、記事を読んでみてください。

1.手ぬぐいの魅力

最初に、手ぬぐいにはどんな魅力があるか、主なものを見ていきましょう。

1-1.繰り返し使うことができる

手ぬぐいは、洗って繰り返し使うことができます。使い捨てのものと違い、何度も使えることから環境に優しいといえるでしょう。大切に扱えば、数年程度は長持ちします。役目を終えた手ぬぐいは、雑巾などで再利用することも可能です。最後まで大切に使うことができるのも、手ぬぐいの大きなメリットになります。

1-2.使い方がたくさんある

手ぬぐいには、使い方がたくさんあります。単にハンカチ代わりに使うだけでなく、ラッピングやブックカバーなどに使うことも可能です。手ぬぐいを愛用する人は、驚くほどたくさんの活用法を知っていて、日常生活に役立てています。主な使い方については、この記事の「2.手ぬぐいの使い方は?」を参考にしてください。

1-3.オリジナルデザインで作ることができる

オリジナルデザインで作ることができるのも、手ぬぐいの魅力の一つです。手ぬぐいは、一枚の布でできていることから簡単にデザインしやすく、実際に多くの人がオリジナルデザインで作っています。自作することもできますが、仕上がりを重視するなら、業者にオーダーするのがおすすめです。どんな業者にオーダーするとよいかについては、この記事の「3.スズキネでオリジナル手ぬぐいを作ろう」をご覧ください。

1-4.持ち運びに便利

手ぬぐいは、持ち運びに便利なのもメリットといえます。軽くてかさばらないので、折りたたんでバッグに入れて持ち歩くのも簡単です。普段から持ち歩いていれば、使いたいときにサッと取り出せるので、とても助かります。手ぬぐいには救急時に役立つ使い方もあるので、いざというときのために用意しておくのもおすすめです。

2.手ぬぐいの使い方は?

手ぬぐいの使い方で、おすすめの方法を詳しくご紹介します。

2-1.テーブルウェアに使う

おしゃれな柄の手ぬぐいは、テーブルウェアにピッタリです。テーブルセンターの代わりに使用すると、センスのよい食卓を演出できます。また、ランチョンマットとして使用すれば、見た目がおしゃれなだけでなく、テーブルが汚れるのを防ぐことができて一石二鳥です。テーブルの色や雰囲気に合わせて手ぬぐいをチョイスすれば、ますますすてきな食卓になることでしょう。

2-2.プレゼントをラッピングする

手ぬぐいは、プレゼントのラッピングにもおすすめです。手ぬぐいの細長い形は、ボトルなどを包むのにも適しています。また、包み方を工夫すれば、さまざまな形のものをおしゃれにラッピングすることが可能です。2枚合わせて色や柄の違いを見せるなどのアレンジも無限で、もらった人に喜んでもらえることでしょう。

2-3.ブックカバーにする

本好きな人は、手ぬぐいをブックカバーとして楽しむ使い方も試してみてください。手ぬぐいは柔らかい生地なので、大切な本を傷めることなく、優しくカバーしてくれます。また、汚れたら外して洗濯できるのもメリットでしょう。本の内容と手ぬぐいの色や柄をリンクさせるのもすてきです。

2-4.ファッションの一部に取り入れる

ファッションの一部に取り入れて楽しむのも、おすすめの使い方になります。バンダナの代わりに頭に巻いたり、首元にスカーフとして巻いてみたりすると、とてもおしゃれです。ごくシンプルな服装とコーディネートすることで、手ぬぐいのデザインをより際立たせることができます。また、手ぬぐいがよいアクセントとなって、センスよく見えるでしょう。

2-5.インテリアにする

すてきな手ぬぐいは、インテリアとして活用するのもよいでしょう。たとえば、額縁に入れて壁に飾るとおしゃれなアクセントになります。また、姿見を使わないときに隠すようにして使えば、実用性も兼ねたインテリアになっておすすめです。そのほかにも、複数の手ぬぐいを縫い合わせてクッションカバーにする方法もあります。お気に入りの手ぬぐいをインテリアに取り入れて、理想の部屋に作り上げましょう。

2-6.救急時に活用する

手ぬぐいは、救急時に活用することができます。いざというときのために、救急用具に加えておくとよいでしょう。救急時に手ぬぐいを活用する方法は、以下をご覧ください。

  • 簡易マスク:横半分に折って真ん中を口元に当て、頭の後ろで縛る
  • 簡易包帯:ケガをしている部分を覆ったり、骨折した部分に添え木を当てて巻いたりする

また、腕を負傷した場合は、腕をつるようにして首の後ろで縛ると楽です。手ぬぐいを複数枚使って結び合わせることで、応急用の担架を作ることもできます。

3.スズキネでオリジナル手ぬぐいを作ろう

スズキネでは、好きなデザインでオリジナル手ぬぐいを作ることができます。ここでは、なぜスズキネで作るのがおすすめか、詳しく解説しましょう。

3-1.オリジナル手ぬぐいの製作実績が豊富

スズキネでは、オリジナル手ぬぐいの製作実績が豊富にあります。そのため、さまざまな要望に対して、的確なアドバイスをもらうことが可能です。また、実際の印刷サンプルや実例を見せてもらうこともできるため、手ぬぐい製作の参考になります。布製品の製造販売業者として長年にわたり豊富な実績があるので、安心感があるのもメリットです。

3-2.高品質な仕上がりで定評がある

高品質な仕上がりで定評があるのも、スズキネの大きな特徴です。スズキネでは、高度な印刷技術により、高品質な手ぬぐいにさまざまな色柄やデザインを施すことを得意としています。

3-3.好みの印刷方法を選べる

スズキネでは、手ぬぐい製作で3種類の印刷方法から選ぶことができます。具体的には、以下をご覧ください。

顔料スクリーンプリント

  • 安価かつ大量に作ることができる
  • 繊細な表現が得意
  • イメージに近い色合いで仕上げられる
  • 短納期対応が可能
  • 印刷は表面だけかつ仕上がりが硬くなりがち

注染

  • 独特の高級感や風合いがある
  • 印刷後も生地が硬くならない
  • 裏表でデザインを楽しめる、裏抜け100%
  • 繊細なデザインはつぶれてしまいがち
  • 納期が長め

反応染(染料シルクスクリーンプリント)

  • デザインの細部まで表現可能
  • イメージに近い色合いに仕上げられる
  • 大量製作するほど安価になる
  • 印刷後も生地が柔らかい、裏抜け70%
  • 少数の製作だと価格が割高になる

それぞれのメリット・デメリットをよく比較して、印刷方法を選ぶことがおすすめです。

3-4.目的に合わせたサイズを選べる

目的に合わせてサイズを選べるのも、スズキネでオリジナル手ぬぐいを製作するメリットになります。たとえば、以下のようなサイズを選ぶことが可能です。

  • 横90cm×縦35cm(通常サイズ)
  • 横100cm×縦33cm(剣道用サイズ)
  • 横33cm×縦33cm(ハンカチサイズ)

なお、上記以外のサイズでもオプションで製作可能です。

3-5.リーズナブルな価格設定

リーズナブルな価格設定であることも、スズキネで手ぬぐいを製作するメリットです。スズキネでは、日々技術力の向上と業務の効率化を進めており、リーズナブルな価格での手ぬぐい製作を可能にしています。小ロット製作でも手頃な価格ですが、1回の製作枚数が多いほど安くなるのもうれしいポイントです。

3-6.小ロット50枚から製作できる

スズキネでは、小ロット50枚からオリジナル手ぬぐいを製作できます。たとえば、ちょっとした記念品や販促品・ノベルティーなどに利用したい場合も、必要な枚数に合わせて製作できて便利です。追加で製作したい場合も、小ロット対応可能なら無駄になりません。もちろん、大量製作も臨機応変に対応できます。

3-7.のしや箱詰めにも対応可能

スズキネでは、必要に応じてのしを付けたり箱詰めしたりしてもらうことも可能です。記念品などで、改まった形にしたい場合に重宝します。自分でのしを付けたり箱詰めしたりするのは、大変な作業です。また、キレイに仕上がるとは限りません。手ぬぐいにのしや箱詰めが必要なときは、スズキネにお任せするとよいでしょう。

4.手ぬぐいの使い方に関するよくある質問

最後に、手ぬぐいの使い方に関する質問に回答します。それぞれ参考にしてください。

Q.手ぬぐいを使ったラッピングがうまくできないのですが?
A.上手にラッピングするには、コツがあります。回数を重ねるごとに、うまくできるようになるでしょう。また、大切なプレゼントをラッピングするときは、同じような大きさ・形のもので練習しておくと失敗を防ぐことができます。

Q.使いやすい手ぬぐいのサイズは?
A.一般的な手ぬぐいのサイズ(横90cm×縦35cm程度)が、一番使いやすいといえます。ただし、手ぬぐいの使い方によっては、より大型のものやハンカチサイズのものが適していることもあるでしょう。

Q.フォーマルな場所では手ぬぐいを使わないほうがよい?
A.確かに、改まった場所では、手ぬぐいを使うのに向いていないこともあります。手ぬぐいはカジュアルなアイテムという印象があるため、改まった場所での使用は控えたほうが無難です。

Q.使用後の手ぬぐいはどんな方法でお手入れするとよい?
A.一般的には、洗濯機で洗って構いません。ただし、使い始めのうちは、色が出る可能性があるため、単体で洗ったほうがよいでしょう。特に大切な手ぬぐいについては、手洗いすることをおすすめします。洗濯後は、軽く脱水して十分に乾かしてください。

Q.手ぬぐいの使い方を動画サイトにアップするときの注意点は?
A.オリジナル手ぬぐいを使用する、自分なりにアレンジしてみるなど、独自性を加えるとよいでしょう。ほかの人がすでに公開している動画と使い方の手順や構成などがよく似ていると、トラブルに発展することがあるので気を付けてください。

まとめ

今回は、手ぬぐいの使い方について詳しく解説しました。手ぬぐいは、単に手やものを拭くだけの使い方にとどまりません。たとえば、ブックカバーやプレゼントのラッピングとして使用したり、テーブルウェアやインテリアに活用したりする方法もあります。また、いざというときにマスクや包帯などに代用することも可能です。たとえば、スズキネでオリジナルデザインの手ぬぐいを製作すれば、ますます愛着がわくことでしょう。すてきなオリジナル手ぬぐいを製作し、さまざまな使い方を試してみてください。


創業明治40年の確かな実績!国内生産のオリジナル手ぬぐいが1枚149円〜

国内生産のオリジナル手ぬぐいが1枚149円~