抱き枕カバーを同人グッズにしたい! オリジナルグッズを作る方法


アニメやキャラクターなどのデザインを取り入れたグッズがさまざまな形で登場していますが、その中でも人気が高いのが「抱き枕」です。大好きなキャラクターの等身大の抱き枕が常に横にあるだけで、とても嬉(うれ)しい気持ちになりますよね。抱き枕は機能性にも優れているため、まさに一石二鳥のグッズともいえるでしょう。そんな抱き枕を自由に変えることができるカバーは、オリジナル製作ができるものです。自分だけのオリジナル抱き枕カバーを作るには、一体どうすればいいのでしょうか。本記事では、抱き枕カバーのオリジナル製作について解説します。

  1. 抱き枕カバーの人気をチェック!
  2. 抱き枕カバーの製作前に確認しておくこと
  3. 同人グッズの抱き枕カバーの製作方法は?
  4. 抱き枕カバーに関してよくある質問

この記事を読むことで、同人グッズとしての抱き枕カバーを製作する方法とポイントが分かります。オリジナル製作を考えている方は、ぜひチェックしてください。

1.抱き枕カバーの人気をチェック!

どのくらい抱き枕カバーに人気が集まっているのか現状を把握しておきましょう。

1-1.抱き枕の魅力は?

そもそも、抱き枕とは、横向きの寝姿勢をサポートし、リラックスして安眠を誘うために作られたものです。縦長のタイプがほとんどで、抱きつくように眠ることから「抱き枕」と名づけられました。抱き枕の大きな特徴といえば「長さ」です。およそ160cmの長さでやわらかい素材でできています。中には、抱き枕がないと眠れないという方もいるでしょう。また、抱き枕は寝姿勢を安定させるだけでなく、腰痛対策・いびきの解消・体温の調節などの役割も担っています。さまざまな効果が期待できるのも、抱き枕ならではの魅力といえるでしょう。

1-2.なぜオリジナルカバーが人気?

ぬいぐるみのような感じで抱き枕に抱きつきながら眠ることができ、キャラクターがプリントされた抱き枕カバーがたくさん販売されています。自分の好きなキャラクターの抱き枕カバーを使えば、まるで隣に寄り添ってくれるかのような幸せな感覚で眠ることができるでしょう。自分だけのオリジナルキャラやイラストを作り、抱き枕カバーとして製作する方もいます。オリジナルカバーは、自分だけのものなので、既製品よりも特別感が得られるのです。
また、同人グッズや販促品・イベント時の商品としても大活躍します。自分のオリジナルイラストを使用した抱き枕カバーを、実際にイベントや通販で販売している人もたくさんいるのです。創作意欲につながるのも、同人グッズならではの魅力といえます。

1-3.オリジナル製作でできることは?

オリジナル製作なら、自分がデザインしたイラストをそのまま反映させることができます。大好きなキャラクターの姿を描いたり、オリジナルキャラクターのラフ画などを抱き枕カバーに写せるのです。また、イラストだけでなく、写真をそのままプリントすることもできます。好きなデザイン・イラストを自由に反映させられるのが、オリジナル製作の1番の魅力です。

2.抱き枕カバーの製作前に確認しておくこと

自由にデザインを決めることができる分、オリジナル製作前に確認しておきたいことがあります。それでは、詳しく説明していきましょう。

2-1.サイズ・形・素材などの種類

最初に確認しておきたいのは、抱き枕カバーのサイズ・形・素材です。抱き枕にはさまざまな形があるので、どの形のカバーを製作するかが変わってきます。一般的な抱き枕カバーのサイズは、150cm×50cmの長方形サイズです。このサイズいっぱいにイラストを描いてもよし、細かい模様を散らしてもオシャレなデザインになるでしょう。カバーを製作する業者によっては、サイズ変更が可能なところもあるので事前にチェックしておきたいポイントです。また、抱き枕カバーの素材は木綿・サテン・ポリエステルなどがあります。抱き枕は抱きつきながら寝ることが多いため、できるだけ汗を吸収しやすい素材がいいでしょう。中でも、木綿は吸水性に優れ、丈夫な素材なので洗濯も問題ありません。

2-2.費用相場はいくら?

オリジナル抱き枕カバーの製作がいくらかかるのか、目安となる費用も事前にチェックしておきましょう。サイズ・印刷方法・ロット数・色数などで異なるため、一概にいくらとは断言できません。費用相場を知りたい方は、複数の業者に無料見積もりを依頼してください。3~5社の業者を比較すれば、おのずと費用相場が分かるでしょう。安すぎる業者は、きちんと印刷されない可能性が高いので要注意です。

2-3.小ロットからオーダーできるか

最低注文の数を「ロット」といいます。業者の中には、「50~100枚から受注可能」と大ロットからでないと注文を受けつけてくれないところがあるのです。初めてオリジナル製作をする方にとっては、小ロットから注文したいのが本音でしょう。だからこそ、小ロットからオーダーできるか確認する必要があります。ちなみに、布製品のオリジナル製作を行っているスズキネでは、10枚から注文が可能です。

2-4.気をつけておきたいイラストの権利

同人グッズを製作する際、問題点となっているのが「著作権」です。同人誌も含め、二次創作作品を販売することは著作権侵害とみなされています。つまり、他人が製作したキャラクターや設定で描いたものを無断で使用しグッズ化するのはNGということです。けれども、二次創作の作品を描くことはファン活動の一環としてみなされており、同人活動もその延長線にあります。元の作品に対し悪影響がなければ、見逃されているというのが現状であり、非常にグレーな存在なのです。

2-5.同人作家グッズの製作・販売を中止している企業もある

アニメ・キャラクター作品に携わっている企業から、同人作家へグッズの製作・販売を中止するように警告されたことがありました。現在は、著作権問題に厳しい対応をする企業も少しずつ増えており、ツイッターなどのSNSから公式グッズとデザインが似ていることで炎上したこともあったのです。そのため、あまりにも公式作品と似たグッズやイラストは使用しないほうがいいでしょう。

3.同人グッズの抱き枕カバーの製作方法は?

では、同人グッズとして、オリジナルの抱き枕カバーの製作方法とポイントについて解説します。

3-1.業者選びのポイントは?

自分が思い描いているようなデザインの抱き枕カバーが作れるかどうかは、依頼する製作業者にかかっているといえます。製作業者の腕がよければ想像どおりのカバーに仕上がりますが、腕が悪ければまったく違うデザインになってしまうでしょう。以下に、製作業者選びのポイントをピックアップしたので、ぜひチェックしてください。

  • オリジナル製作の実績があるか
  • 小ロット数から注文が可能か
  • 無料見積もり・無料相談を受けつけているか
  • どんなデザインがいいか、的確なアドバイスをくれるか
  • 丁寧でスピーディーな対応か
  • プリントの質がいいか
  • 料金体系が明確になっているか

打ち合わせをしなかったり話をきちんと聞いてくれなかったりと対応が悪い業者は、悪質な業者の可能性があるので注意してくださいね。

3-2.製作の流れは?

製作に入る前は、業者との打ち合わせを何度か重ねることになります。実は、この打ち合わせが大事なポイントなのです。打ち合わせでお互いの意見や要望を伝えられるかどうかで、仕上がりが大きく影響されることになります。すれ違いが起きないよう、主な製作の流れをチェックしておきましょう。

  1. ホームページまたは電話から無料見積もりを申し込む
  2. 製品に関する仕様・用途・数量・納期などの要望をできるだけ具体的に伝える
  3. 何度か打ち合わせを重ね、見積書とデザインを確認する
  4. 最終的なデザインと色指定ができたら、製作→納品で完了

上記の流れはあくまで一例です。具体的な製作方法や流れに関しては、業者に確認してください。

3-3.よくある製作トラブルは?

製作業者と依頼者のすれ違いにより、イメージとは異なるデザインになって、トラブルになることがあります。「イメージとは違った」「思っていた肌ざわりや色にならなかった」というトラブルが起きないよう、打ち合わせで細かく確認し合いましょう。相談すれば、実際に製作したものを見せてもらうことができます。実物を見れば、色や肌ざわりの確認ができるのでおすすめです。
また、見積書には記載されていない追加料金を請求されるというトラブルも相次いでいます。追加料金の有無や、どんなときにいくらかかるのかなど、事前に確認しておかなければなりません。

3-4.無料見積もり・問い合わせ先は?

オリジナル製作について相談したい・とりあえずいくらかかるのか知りたいという方は、スズキネの無料見積もり・無料相談をご利用ください。どのような内容でも丁寧に対応いたします。また、高品質な製品を低価格で提供し満足させられることに力を入れているため、どのような要望でもお応えできるようにするのがスズキネの特徴です。ぜひ1度ご相談ください。

4.抱き枕カバーに関してよくある質問

抱き枕カバーに関してよくある質問を6つピックアップしてみました。

Q.どうやってイラストデータを渡せばいいのか?
A.一般的に、Adobeなどイラストレーターでデータを作成し、メール等で送る形となります。容量が大きくデータが送れない場合は、「宅ふぁいる便」などネット上のデータ保存システムを活用するといいでしょう。また、デザインイメージやラフスケッチで描いた場合は、写真で撮影しメールで送るか、FAXで届けてください。その場合は、細かい色指定を伝えなければなりません。写真やFAXでは色がぼやけてしまうため、念入りに伝える必要があります。

Q.なかなかイラスト・デザインが決まらない……
A.業者の中には、簡単なデザインなら無料でデータを作成してくれるところがあります。ただし、複雑なイラスト・デザインの場合はお金がかかるので注意が必要です。業者にイラストデータを作成してもらう際は、何のために使うのか、どんなイメージにしたいのか要望を具体的に伝えましょう。イラストデータに納得できない場合も、どの点が納得いかないのかきちんと意志を伝える姿勢が大切です。

Q.著作権侵害につながるNG行為は?
A.SNSでお気に入りの同人誌作家のイラストを勝手に抱き枕カバーにして売る・公式アニメのキャラクターの画像をコピーするなどはNG行為の1つです。もし、印刷した抱き枕カバーをSNSにアップすれば、それを見た第3者が著作権を持つ原作者に通報し、著作権侵害で訴えられる可能性があります。後でトラブルにならないためにも、安易な気持ちでコピーしないように気をつけてくださいね。

Q.どんな素材を選べばいいのか?
A.おすすめは木綿ですが、スズキネの場合は綿100%の「ブロード」と「オックス」の2種類を用意しています。ブロードはきめ細かく手ざわりのよい素材、オックスはボリューム感のあるしっかりとした素材です。自分の好みの素材が選択できるので、ぜひチェックしてください。素材が選べる業者に依頼することで、さらに選択肢が広がりますよ。

Q.変形型の抱き枕カバーのオリジナル製作はできるのか?
A.できるか否か、業者によって異なります。まずは、製作業者に相談してみてください。ただし、可能な場合は、別途料金がかかる可能性があります。その際はいくらかかるのか、見積書を細部までチェックしましょう。不明な点や疑問点があれば、その場ですぐに尋ねてください。

Q.どのくらいで完成するのか?
A.デザインや色数・ロット数などで異なりますが、スズキネの場合はデータ入稿から約25日間で納品が可能です。早く納品してほしい方は、相談しだいで早めることもできます。

まとめ

いかがでしたか? 同人グッズはさまざまな種類がありますが、「抱き枕カバー」は人気の高いグッズの1つです。そのときの気分に合わせて、お気に入りのカバーに換えることができるので何枚持っていても困りません。ノベルティーや販促目的としてオリジナル抱き枕カバーを製作し、配ったり販売したりしている人もいます。ただし、二次創作のイラストを使用する場合は、イラストの版権に注意が必要です。注意事項やオリジナル製作のポイントをきちんと把握しておけば、理想的な抱き枕カバーが完成します。


創業明治40年の確かな実績!国内生産のオリジナル手ぬぐいが1枚149円〜

国内生産のオリジナル手ぬぐいが1枚149円~