おしゃれな布コースターでアピール! オリジナル製作の方法とポイントまとめ


店舗や企業の販促品・記念品・ノベルティとして、布のコースターの人気が高まってきています。しかし、オリジナルグッズの製作にハードルを感じる方や、デザインなどで悩む方も多いでしょう。そこで今回は、オリジナルの布コースターを作成するポイントなどを詳しくご紹介します。

  1. オリジナルの布コースターについて
  2. 布コースターの特徴まとめ
  3. 布コースターオリジナル製作の流れ
  4. 布コースターの製作業者を選ぶポイント
  5. オリジナル布コースターについてよくある質問

オリジナルの布コースターを製作したい方や依頼を検討している飲食店や企業の方は、ぜひ最後まで読んでみてください。

1.オリジナルの布コースターについて

オリジナル製作の布コースターは、どのような魅力があるのでしょうか。宣伝効果やメリットなども併せてご紹介します。

1-1.布コースターの魅力とは?

布製のコースターは、風合いがよくテーブルコーディネート良いアクセントになってくれるでしょう。また、紙コースターと違い、使い捨てではなく洗って使えるため大変エコです。プリントする柄や模様によって、和食・洋食・中華や居酒屋などさまざまなシーンにフィットします。

1-2.オリジナル製作の魅力

お店オリジナルのコースターを作ることによって、販促品として宣伝に使うこともできます。店内で使うのはもちろんのこと、お客様へのプレゼント・ノベルティとして差し上げてもよいでしょう。お客様の家でも、お店と同じコースターを使ってもらうことによって、お店に親しみを持ってもらうことができます。

1-3.オリジナルの布コースターがおすすめのシーンとは?

オリジナルの布コースターは、飲食店の販促品や、各種イベントの記念品などとして人気が高くなっています。オリジナルの布コースターを作ることによって、食卓という身近な場面で、企業やお店をさりげなくアピールすることができるでしょう。

2.布コースターの特徴まとめ

素材やサイズ、印刷など、オリジナル布コースターを作る上で知っておきたい基本的なポイントをまとめました。

2-1.素材・材質

コースターに使用する布は、綿100%がおすすめです。綿独特の良い風合いと、どのような印刷もしやすいという特徴があります。特にコースターは、吸水性やコップへのくっつきにくさなども重要でしょう。株式会社スズキネでは、木綿11号帆布という重厚感のある丈夫な素材を使用しています。布の見た目はこちらの「※生地サンプル画像」をご参照ください。また、オプションで撥水(はっすい)ラミネート加工も可能です。

2-2.形・サイズ

コースターの形は、四角や丸が主流になっています。オリジナル製作の布コースターを作る場合は、裁断や作成の工程上、四角いほうが簡単でおすすめです。大きさは10cm×10cmがちょうどよいでしょう。業者によっては、特殊な形は受け付けていなかったり、料金が高くなったりする可能性があります。

2-3.コースターの印刷とデザインについて

株式会社スズキネでは、フルカラー印刷によりオリジナルの布コースターを作成しております。細かく繊細なデザインも実現できるため写真画像を印刷することも可能です。オリジナル性の高い布コースターを作るためには、フルカラー印刷をおすすめします。

3.布コースターオリジナル製作の流れ

次に、オリジナルの布コースターを作成する大まかな流れをご紹介します。

3-1.布コースター製作の申し込み方法

オリジナルの布コースターの製作を依頼する際は、まずは問い合わせや無料相談・無料見積もりを行いましょう。どのようなコースターを何枚作成したいのかを伝えると、だいたいの予算を教えてもらえます。安かろう悪かろうでは意味がないので、きちんと製品サンプルや店舗の過去の実績なども確認しましょう。

3-2.オリジナルデザインの作成

一般的に、製作会社にデータを渡す際は、フォトショップやイラストレーターによるデータ入稿となります。ソフトを持っていない・パソコンが苦手という方には少しハードルが高いでしょう。株式会社スズキネでは、手書きのラフデザインや、Word・Excelなどで作成したデザインからも印刷することが可能です。難しいデザインでもぜひご相談ください。

3-3.オリジナル製作コースターの枚数・費用

コースターをはじめ、オリジナル製作を業者に依頼する際は、製作ロット数というものがあります。製作ロット数とは、1回の依頼につき最低限注文する枚数のことです。たとえば製作ロット300枚となっている場合は、300枚からの注文となります。100枚だけ欲しくても300枚注文するのと同じ料金になるというわけです。製作ロットが小さければ小さいほど、1枚当たりの単価は高くなるのが一般的でしょう。また、以前依頼したことのあるデザインを再度注文する際などは、ロット数を下げられる可能性もあります。

4.布コースターの製作業者を選ぶポイント

次に、布コースターの製作業者を選ぶポイントについてご紹介します。

4-1.料金が分かりやすいこと

見積もりを依頼した際は、合計金額だけでなく、サービス内容や細かな費目もチェックしましょう。たとえば、デザイン料金や、OPP袋への封入が別料金になっている場合もあります。パッと見の料金が安くても、サービスを追加していくうちに、総合的に高くなってしまうこともあるため、見積書はよく確認してください。

4-2.納期が早い・相談できる

コースターを早く作りたい場合は、納期が気になることでしょう。コースターの納期は約1か月が目安となっています。株式会社スズキネでは、お急ぎの場合ご相談いただくことも可能なので、お気軽にお問い合わせください。

4-3.無料で相談・見積もりができること

コースターを製作する前に、WEBフォームや電話で詳しい内容を確認・問い合わせできる業者がおすすめです。また、無料見積もりを複数の会社に依頼することで、料金とサービス内容を比較できるでしょう。

5.オリジナル布コースターについてよくある質問

オリジナルの布コースター製作について、よくある質問にお答えします。

Q.コースターのデザインを決める際のポイントは?
A.コースターを販促品として使用し、企業や飲食店をアピールしたい場合でもロゴや企業名がでかでかと書かれたようなものは避けたほうがよいでしょう。使ってくれない・もらってくれない可能性があります。控えめで日常使いしやすいデザインに、さりげなく店名などを入れるのがおすすめです。

Q.コースターをプレゼントする際の注意点は?
A.コースターをプレゼントする際は、複数個セットであげると喜ばれるでしょう。家庭に1種類のコースターが1つだけあっても持て余してしまいます。家庭の人数に合わせて3~4枚は配るとよいでしょう。その分コストはかかりますが、気が利くお店だとアピールすることができます。

Q.製品サンプルを見たいのですが
A.こちらから株式会社スズキネのオリジナル製作コースターのサンプル品をご覧いただけます。

Q.コースターと一緒に、他の種類のノベルティも作りたいのですが
A.株式会社スズキネでは、ランチョンマット鍋つかみをはじめ、さまざまな種類のオリジナル製品を作ることが可能です。異なる種類のグッズを同じデザインに統一することで、よりスタイリッシュに企業や店舗をアピールできるでしょう。

Q.量産前にサンプルを見たいのですが
A.有料になりますが、量産前の校正出しが可能です。お見積時にお伝えください。

まとめ

オリジナル製作の布コースターについてご紹介しました。布のコースターは、テーブルを華やかに彩ってくれるでしょう。綿のコースターなら、デザイン性・使い勝手ともに良質なものを作ることができます。初めてオリジナルグッズを製作する方や、デザインやデータ作成に自信がない方は、きめ細やかな対応ができる業者を選びましょう。


創業明治40年の確かな実績!国内生産のオリジナル手ぬぐいが1枚149円〜

国内生産のオリジナル手ぬぐいが1枚149円~