ハンカチに名前を刺繍しよう! オーダーの方法やコツを詳しく解説!


オリジナルデザインのハンカチは、特別感が高いアイテムとして、ノベルティや販促品・記念品などで人気です。中でも、刺繍(ししゅう)入りのものにすることで、より高級感を出すことができます。刺繍で企業や団体の名前を入れることで、宣伝効果も期待できるでしょう。しかし、実際にオーダーするためには、どんな点に注意するべきかよくわからないことも多いものです。そこで、今回は、ハンカチ製作で名前などを刺繍する方法やコツを含めて詳しく解説します。

  1. ハンカチの魅力について
  2. ハンカチの製作について
  3. ハンカチの刺繍について
  4. ハンカチに刺繍で名前を入れるには?
  5. ハンカチの刺繍についてよくある質問

この記事を読むことで、ハンカチの刺繍に関する知識が身につき、満足度の高い注文をすることができます。まずは、記事をじっくり読んでみてください。

1.ハンカチの魅力について

最初に、ハンカチの製作目的・魅力・メリットなどを詳しく解説します。

1-1.ハンカチの主な製作目的

ハンカチの主な製作目的には、以下のようなものがあります。

1-1-1.ノベルティ・販促品

ノベルティは、企業が宣伝などの目的で製作するものです。たとえば、新製品を購入した人だけがノベルティをもらえる場合、魅力的なものであるほど高い宣伝効果を期待できるでしょう。ノベルティの内容は、新製品の売れ行きを左右する重要なアイテムのひとつなのです。

1-1-2.記念品

同窓会や趣味のサークルの記念品として、オリジナルのハンカチを製作することがあります。仲間意識を高めるだけでなく、ハンカチを見るたびに楽しい気持ちになることができるので人気です。また、場所を取らずしまっておきやすい理由と言えます。

1-1-3.同人活動用

同人誌用のアイテムとして製作するケースも増えています。同人キャラクターを使ったハンカチは、メンバーにもファンにも人気が高いものです。同人メンバーであることの証拠にもなるため、こだわりを持ったハンカチ製作に注目が集まっています。

1-2.ハンカチの主な魅力やメリット

ハンカチの主な魅力やメリットについては、以下をご覧ください。

1-2-1.用途が多い

ハンカチには多くの用途があり、使い勝手がいいのが特徴です。主な用途に関しては、以下をご覧ください。

  • 手を洗った後にふく
  • 汗や涙をぬぐう
  • 汚れをふき取る
  • 食事のときのナプキン
  • ものを包む
  • スカーフ・ひざかけ

1-2-2.軽い

ハンカチは薄い布なので、軽くて持ち運びに便利です。ポケットに入れておけば、使いたいときにサッと取り出すことができます。重くないことは、使う人だけでなく、配る立場にとっても有利でしょう。すぐに取り出して渡すことができて配りやすいのです。

1-2-3.手ごろ

ハンカチは、手ごろな価格で入手できるため、受け取った人が気負わなくて済むのがメリットです。市販品なら、数百円程度から入手できるので気軽なノベルティ・記念品などにぴったりと言えます。

1-2-4.洗って何度も使える

ハンカチは、汚れたら洗って何度も使うことができます。使い捨てではないことから、環境にもやさしいアイテムです。また、長く使ううちに愛着がわいてきます。使うたびにデザインが目にとまるので、宣伝効果も繰り返し期待できるでしょう。

2.ハンカチの製作について

ハンカチの製作について、サイズや・種類・価格などを学びましょう。

2-1.ハンカチのサイズや種類について

ハンカチは、以下のようなサイズで製作できます。予算や目的によって使い分けるといいでしょう。大サイズのものは、ものを包む・スカーフの代用品などの目的にも向きます。

  • 小サイズ:30㎝×30㎝
  • 大サイズ:40㎝×40㎝

2-2.ハンカチの製作価格の目安

オリジナルハンカチの製作価格は、印刷タイプ・刺繍タイプなどの違いや、サイズ・数量・大きさなどによっても異なります。価格の目安を知りたい場合は、業者に相談して見積もりをもらってください。製作を考えている段階では、複数の業者に価格の見積もりをもらっても構いません。ただし、安さだけで選ぶのではなく、仕上がりや評判なども十分に考慮して決めましょう。

2-3.ハンカチ製作の最近の傾向

ハンカチ製作は、ワンポイント刺繍など、シンプルでインパクトの強いデザインを好む傾向が強くなっています。また、実際に使うときに違和感がないような、スタイリッシュなデザインも人気です。ハンカチは、持つ人のセンスを表すものでもあるため、使う人の立場になってデザインすることも必要でしょう。

3.ハンカチの刺繍について

ハンカチの刺繍について、魅力・種類・技術やサイズなどを解説します。

3-1.刺繍の魅力とは

刺繍には、以下のような魅力があります。

  • デザイン性が高い
  • 色合いや風合いがいい
  • 高級感がある
  • オリジナルデザインで製作できる
  • 洗濯に強い

3-2.刺繍の種類や技術について

業者では、ハンカチの刺繍は専用の機械で行います。従って、機械の能力や仕様によってできる種類が異なるのです。いずれにしても、シンプルなステッチにより、刺繍糸の色を変えて表現する点は変わりません。高品質な機械を導入している業者に依頼すれば、デザイン案の再現率も高く、満足度の高い仕上がりを期待できるでしょう。

4.ハンカチに刺繍で名前を入れるには?

ハンカチに刺繍で名前を入れるには、専門の業者に依頼することをおすすめします。注文するために必要な内容を具体的に解説しましょう。

4-1.名前入りハンカチのオリジナル製作について

名前入りのものは特別感があり、オリジナル性が高まります。また、手刺繍と比較した場合、大量生産が可能な点が大きなメリットと言えるでしょう。ノベルティや記念品として配られても実用的なので長く使ってもらえるものです。企業の宣伝効果を考えても、名前入りハンカチのオリジナル制作をおすすめします。

4-2.ハンカチの生地や色について

スズキネの場合、ハンカチの生地は以下の2種類から選ぶことができます。

  • キャンブリック:厚手でしっかりしている・生地色は46種類から選べる
  • 二重ガーゼ:肌触りがやわらかく吸水性に優れている・生地色は白だけ

なお、ハンカチの周辺は、いずれの生地の場合でも糸の色を選んでかがることができます。

4-3. 刺繍のサイズについて

スズキネでは、以下のサイズでハンカチに刺繍を入れることができます。刺繍のサイズは、デザインとのバランスも考えて決めてください。

  • 長方形:横5cm×縦1cm・横10cm×縦1.5cm・横12cm×縦3cm
  • 正方形:横3cm×縦3cm・横5cm×縦5cm・横7cm×縦7cm

4-4. ハンカチの刺繍の書体について

ハンカチの刺繍の書体は、以下のような種類を選ぶことができます。書体によって仕上がりの雰囲気がガラッと変わるので、業者に見本を見せてもらってから決めるといいでしょう。

  • 英文:Arial・Minion Pro Regularなど
  • 和文:筆記体・楷書体・太ゴシック体・丸ゴシック体・勘亭流など

4-5.製作の流れや費用について

オリジナルの刺繍入りハンカチの製作は、以下のような流れで進みます。

  1. 依頼者から業者にハンカチ製作について問い合わせる
  2. 業者から見積もりが届く
  3. 見積もりを検討し、正式に発注
  4. 依頼者は期日までにデザインデータを業者に送付する
  5. 業者でオリジナルハンカチの製作開始
  6. 完成したら依頼者に納品して完了

製作費用は、数量・生地の種類・刺繍の大きさなど、さまざまな条件によって異なるため、業者に見積もりをもらって確認してください。

4-6.業者選びのポイントを押さえよう

刺繍入りのハンカチを注文するときは、以下の条件を満たした業者をおすすめします。

  • ハンカチ製作(刺繍入り)で豊富な実績がある
  • デザインセンスがいい
  • 高品質な仕上がり
  • 見積もりは無料
  • 製作価格の設定がリーズナブル
  • 納期を最大限考慮してくれる
  • 問い合わせや質問に対する答えが迅速で的確
  • 顧客からの評判がいい

なお、当スズキネでも、ハンカチにオリジナルの刺繍を入れることができます。豊富な実績と実例により、製作に関するご相談をお受けしておりますのでぜひご検討ください。

5.ハンカチの刺繍についてよくある質問

最後に、ハンカチの刺繍についてよくある質問に回答します。それぞれの内容を確認し、製作時に役立ててください。

Q.好きな布を持ち込んで刺繍してもらえますか?
A.布は持ち込みできません。印刷品質を維持し、機械の故障を防ぐためです。業者で指定の布に印刷や刺繍を行うことになります。好きな布に近い色を使うこともできるので、業者に相談して製作を進めましょう。

Q.刺繍の色を一部だけ変更してもらえますか?
A.まずは、業者に相談してみてください。たとえば、オリジナルデザインを入稿後などは、デザイン変更で対応できる場合があります。ただし、既製のデザインの場合は、色変更ができないこともあるので注意してください。

Q.刺繍の仕上がりが不安なので試作できますか?
A.平面デザインと刺繍デザインでは、仕上がりに差が出るため不安になることもあるでしょう。しかし、基本的に試作注文は受けていない業者が多くなります。ただし、大量注文を前提とした場合、追加費用の支払いでサンプル製作可能なこともあるので業者に問い合わせてみましょう。

Q.最低注文ロット数以下でも注文したい場合は?
A.最低注文ロット数以下で作れるかどうかは、業者の対応によります。ハンカチは大きな布から切り出して作るため、最低注文ロット数以下での製作は無駄が出やすいからです。なお、受注可能な場合でも、1枚当たりの単価が上がる可能性が高いでしょう。

Q.刺繍のデザイン案を依頼することは可能ですか?
A.簡単なデザイン案なら、業者で作成可能な場合があります。ただし、どんなデザインにしたいのか、大体でいいので図案にして渡してください。希望のデザインに近いものにしてもらうためには、業者とよく相談することが大切です。刺繍糸の色なども、細かくチェックしてください。

まとめ

今回は、ハンカチの刺繍について詳しく解説しました。ハンカチは用途が多く、持ち運びが楽なため、販促品などで重宝します。特に、オリジナルデザインの刺繍を入れたものは、高級感や特別感が出て人気です。満足できるレベルの仕上がりを求めるのなら、製作業者選びもきちんと行ってください。実績が豊富・センスがいい・高品質など、じっくり考えて信頼できると判断した業者とよく相談し、製作を進めていきましょう。


創業明治40年の確かな実績!国内生産のオリジナル手ぬぐいが1枚149円〜

国内生産のオリジナル手ぬぐいが1枚149円~