布にイラストや写真をプリントしたい!!印刷の方法は何があるの?


印刷技術の発達により、自由自在に絵や文字をプリントできるのは紙だけではなくなりました。
今は布にもイラストだけでなく写真も自由にプリントできます。
また、1枚から印刷を引き受けてくれる業者も身近になりました。
そのため、ノベルティや記念品として布にオリジナルのイラストや写真をプリントしてほしいという人も増えてきているのです。
そこで、今回は布製品にイラストや写真を印刷する方法や依頼の仕方、さらに自分で印刷するのとの違いをご紹介しましょう。

  1. 布にオリジナルのイラストや写真を印刷する技術とは?
  2. オリジナル布製品の使い道や、印刷できる布の種類とは?
  3. 自宅で布プリントする方法と注意点
  4. 印刷業者を選ぶためのポイント
  5. 布製品の印刷にかんするよくある質問

今は家庭用のプリンターも進歩して少量ならば布製品に印刷が可能です。
しかし、やはり業者に頼んだ方がよい場合もあります。
布製品にオリジナルのイラストや写真をプリントしてみたいという方は、ぜひこの記事を読んでみてくださいね。

1.布にオリジナルのイラストや写真を印刷する技術とは?

まず始めに、布にお好みの画像を印刷する技術の種類やそうした布製品の使い道などをご紹介します。
いったいどのような方法があるのでしょうか?

1-1.布にイラストや写真を印刷する技術とは?

布にお好みの画像を印刷する技術には、アイロンプリント、シルクスクリーン、インクジェットなどがあります。
アイロンプリントとは、専用の用紙にイラストや写真をプリントし、それをアイロンで布に押し当てると画像が転写されるのです。
家庭用のプリンターで布に印刷をしたいという場合は、ほぼこの方法になります。
シルクスクリーンは最も一般的な印刷方法です。
一色ごとに「版」といわれる型を作り、そこに布を載せて色をつけていきます。
市販のプリント製品のほとんどがこの方法です。
この方法だときれいに色が出ますが、細かい色使いの画像ほど値段も高くなります。
インクジェットは家庭用のプリンターが紙に印刷するのと同じ方法です。
インクを吹きつけて布に画像を印刷していきます。安価できれいに印刷できますが、元絵が荒いとそのまま荒さがプリントに現れてしまうでしょう。
ですから、できるだけ解析度の高い画像を使うことがきれいに印刷するコツです。

1-2.紙と布へのプリントの違い

紙と布とでは、材質、手触り、厚さなどが全く違います。
ですから、紙できれいに印刷できたからといって布にきれいに印刷できるとは限りません。
その逆も同様です。この差をうまく埋めてきれいに印刷してくれるかどうかが、業者の腕の見せ所になります。
アイロンプリントを行うと安価で手軽に家庭で布に印刷が可能ですが、手間がかかる上に画像によってはきれいに印刷できません。
そのため、記念品やノベルティほど業者に依頼した方がよいでしょう。

1-3.何のために布製品にオリジナルのイラストや写真を印刷するのか?

布製品は、種類も豊富でかさばりません。
また、タオルやハンカチ、手ぬぐいなどは何枚あっても困らないという方が多いでしょう。
さらに、布製品は紙製品より丈夫でプラスチック製のものよりもかさばらず、金属や陶器の製品より安価です。
ですから、手ぬぐいやタオルはずっと粗品の代表格。
また、大会や卒業の記念品などにも布製品はぴったりです。
定番のタオルからTシャツ、そしてきんちゃく袋など実用性が高いものも多いでしょう。
既製品でもよいですが、オリジナルのデザインならより記念品らしさが出ます。
また、ノベルティだけでなく、たとえばポスターのようなものでも紙より布に印刷した方が見栄えがよく、しかも長持ちするでしょう。

2.オリジナル布製品の使い道や、印刷できる布の種類とは?

この項では、もう少し具体的にオリジナルの布製品の使い道、そして印刷できる布の種類をご紹介します。
ぜひ参考にしてくださいね。

2-1.ノベルティや記念品として

前述したように、ノベルティや記念品として布製品は最もポピュラーで喜ばれるものです。
代表的なものはタオルですが、今はスマホクリーナーやハンカチ、きんちゃく袋なども人気があります。
布製品は平面が多いですから、印刷が映えるのです。
大きな模様を描いてもいいですし、企業のロゴマークを模様のように小さく散らしてもオシャレでしょう。
また、学校名などをローマ字にしてスタイリッシュに配置すると、性別関係なく使えます。
つまり、デザインしだいで性別、年代問わずに使えるグッズが作りやすいのです。

2-2.手軽なおみやげものとして

旅行の楽しみのひとつに、おみやげの購入があります。
いつまでも記念に残るおみやげものの代表といえば、キーホルダーやハンドタオル、手ぬぐいなどです。
ほかの商品に比べると、布製品は安価でかさばらず、普段使いできるものが多いでしょう。
また、販促品と同じように性別や年代を問わず、使えます。
最近は地方をPRするために「ゆるキャラ」が大活躍していますが、それらをプリントした布製品は雑貨としても愛用できるでしょう。

2-3.大切な人へのお祝いや記念品に

伝統芸能の発表会などで、「記念」として手ぬぐいが配られることは珍しくありません。
このような場合、自分のPRも兼ねていますのでデザイン性の高いものが好まれます。
布製品の場合は前述したように平面が大きく取れるので、デザインがしやすいでしょう。
また、オリジナルのハンカチなどを誕生日や記念日に送っても喜ばれます。

2-4.布製品をノベルティグッズにするメリット

ノベルティグッズというのは、企業や商品のPRとして使われる製品を指します。
一例をあげるとうちわやポケットティッシュなどですね。
お得意様に配るノベルティグッズの中には、高価なものもありますが通常は安価で大量に配ることのできるものが作られます。
材質は布のほかに紙やプラスチックが多いでしょう。
布製品のメリットはかさばらず劣化しにくいことです。
ポケットティッシュと比べても布製品はかさばりません。
また、紙製品よりも高級感があります。
たとえば、道を歩いていてノベルティとしてポケットティッシュとハンドタオルを差し出されたら、ほとんどの方がハンドタオルを取るのではないでしょうか?
また、ハンドタオル、手ぬぐい、きんちゃくなどははやりすたりがなく一度作ればいつまでも使えます。
今は1枚単位でも布にプリントしてくれる業者が多いですが、やはり大量に作った方が1枚当たりの単価は安くつくのです。
また、収納場所も取りませんし、ほこりやカビにだけ気をつけていればそれ以外の環境に気を使うこともないでしょう。

2-5.どんな布製品にプリントができるの?

布製品へのプリントは、基本的に材質を問いません。
依頼すれば天然繊維や化学繊維、どちらでも印刷してくれるでしょう。
しかし、ノベルティやおみやげに使う場合は、絹や麻などの天然繊維は不向きです。
また、あまりごわごわとした質感の布地やでこぼこのある織り方の布では、きれいに印刷ができません。
また、絹や麻などの天然繊維は洗濯も大変です。同じ天然繊維でも木綿ならば、洗濯も問題ないですしプリントもしやすいでしょう。
また、ポリエステルなどの化学繊維は安価でつるつるしているのでプリントもしやすいのです。
ただし、ポリエステル製のタオルなどを作ってしまうと水を吸わないので注意が必要になります。
布にプリントしてくれる業者のほとんどが、木綿かポリエステルかの選択になりますので、製品に合わせて選びましょう。

3.自宅で布プリントする方法と注意点

前述したように、「アイロンプリント」という方法を使うとインクジェットプリンターがあれば手軽に布にイラストや写真が印刷できます。
手芸店や家電量販店で専用の印刷紙を買い、そこにまずはイラストや写真を印刷しましょう。
これを布に当てて上からアイロンで押さえればイラストや写真がプリントされるのです。
とても手軽。
しかし、この方法ですと左右が反転してしまうので、左右の向きが大事なイラストの場合は注意してください。
また、この方法ですと1枚1枚転写作業が必要です。
ですから、「運動会などでおそろいのTシャツやタオルを使いたいので各家庭で作ってきてください」という場合などはこれで十分でしょう。
しかし、ノベルティなどを作りたいという場合はインク代や用紙代が業者に依頼したのと同じくらいかかるケースもあります。
また、家庭用のプリンターは大きくてもA3サイズまでしか印刷できないものがほとんどでしょう。
ですから、10枚以上のプリントをする場合は、業者に依頼するのとそれほど値段は変わらないのです。
また、家庭用のインクジェットプリンターは業務用の印刷機と比べるとどうしても画像が荒くなります。
そのため、よりきれいで品質の高いものを作りたい場合も業者に依頼した方がよいでしょう。

4.印刷業者を選ぶためのポイント

今は、布製品にプリントしてくれる業者がたくさんあります。
では、どの業者に依頼すればよいのでしょうか?
この項では選び方のポイントをご紹介します。

4-1.印刷してくれる布製品の種類から選ぶ

印刷業者の多くが「このような商品を作れます」という商品例を示しています。
一口に布製品といっても膨大です。手ぬぐいやタオルのようなポピュラーなものから、オリジナルのおまもりといったちょっと珍しいものまで印刷してくれるところもあります。
どのような布製品を作るのか決まっているなら、それを印刷してくれるところを探しましょう。
でも、何にするかまだ決まっていないという場合は、できるだけ多くの商品を作っているところを選んだ方が選択肢は増えます。
これは、布の種類にもいえることです。ポリエステルと綿がお勧めと前述しましたが、それ以外にも布の種類が選べるところも少なくありません。

4-2.印刷の方法から選ぶ

シルクスクリーン、インクジェット、さらにコピー転写など印刷方法を選べるところの方が、融通がききやすいです。
業者に依頼する場合、100枚単位で依頼しなければならないといったイメージがありますが、印刷の仕方によっては1枚単位で印刷してくれます。
また、大きな模様か細かい模様かでもお勧めの印刷方法は変わってくるでしょう。
このあたりも相談に乗ってくれたり説明をしっかりとしてくれたりする業者がお勧めです。

4-3.料金体系で判断する

通常、印刷物というのは紙でも布でもたくさん作るほど1枚当たりの単価は下がるのです。
しかし、布は材質が違っても値段が変わります。
たとえば、ポリエステルと綿でも違いますし、布の厚みや形でも異なるでしょう。
ですから、紙に印刷するよりも料金体系が複雑になりがちです。
それでも、工夫しだいで料金体系を分かりやすく記載することは可能でしょう。
今はホームページから印刷を請け負ってくれるところも多いですが、料金体系が分かりやすく明確なところの方がお勧めです。
また、優良な業者の場合顧客の希望を聞いて、最善のプランを提案してくれるでしょう。

4-4.いろいろな相談に乗ってくれるところを選ぶ

布製品と紙製品では印刷の仕上がりやデザインの映え具合も変わってきます。
紙製品の依頼には慣れている人でも、布製品の依頼は勝手が違い「こんなはずではなかった」と思うこともあるかもしれません。
これを防ぐためにも、細かいところまで相談に乗ってくれる業者がお勧めです。
見積もりと一緒に印刷プランや見本例を持ってきてくれる業者なら信頼できるでしょう。
さらに、デザイナーがいる業者の場合はデザインの相談にも載ってくれることもあります。

5.布製品の印刷にかんするよくある質問

Q.どんなデザインでも布に印刷してくれるのでしょうか?

A.基本的には大丈夫です。ただし、いちじるしく公共の風俗を乱すようなデザインは断られることもありますので注意してください。

Q.子どものイラストをプリントしてほしいのですが、手がきです。どうしましょう?

A.スキャナーでパソコンに取り込み、デジタル化してください。そうすれば大丈夫です。

Q.10枚単位だとやはり値段は高くなるのでしょうか?

A.業者によっては「小ロットでもかんげいします」というところがあります。
そのような場所に依頼すると、安価でできるかもしれません。

Q.使う色が多いほど値段は高くなるのでしょうか?

A.印刷の仕方によります。現在主流のシルクスクリーンは1色ごとに型を作っていくので、色使いが多いほど高価になっていくでしょう。

Q.刺しゅうは依頼できますか?

A.刺しゅうはプリントと全く別の技術になりますので、依頼できないことが多いでしょう。

まとめ

いかがでしたか?今回は布製品へのプリントの仕方や印刷方法の種類をご紹介しました。これから記念品やノベルティグッズを自作したいという場合は、ぜひこの記事を参考にして業者に依頼してみてください。


創業明治40年の確かな実績!国内生産のオリジナル手ぬぐいが1枚149円〜

国内生産のオリジナル手ぬぐいが1枚149円~