ノベルティを作るメリットとは?企業や商品を効率よくアピールしよう


ノベルティを企業で採用していますか?ノベルティの持つ意味・販促と宣伝効果は予想以上に大きいものです。売りたい商品のアピールや企業の認知度を広く知らしめる意図を持っています。
ノベルティという言葉は一般の方々にも浸透し、どのようなノベルティが受け取れるかで購入する商品を判断する方も少なくないでしょう。どんなノベルティでも同じ効果が得られるわけではなく、販促会場に足を運ぶお客さまの年齢層や交通手段によっても変えなくてはなりません。
ノベルティ選びを迷うことは大切。凝りすぎたノベルティや鞄・ポケットに仕舞(しま)うことができないノベルティは、お客さま目線で選んでいるとは思えません。
いかにノベルティを慎重に選ぶかで、予想より大きな販促効果を得ることができるのです。担当者を悩ますノベルティ選びですが、コツを覚えると適切なノベルティを選ぶことができるでしょう。
商品や企業の宣伝に頭を悩ます方やノベルティ選びのポイントがわからない方は、この記事を参考にしてみてください。きっとぴったりのノベルティに出会うことができますよ。

  1. ノベルティの目的とは? 
  2. ノベルティを作るメリット
  3. ノベルティの選び方
  4. ノベルティグッズ例
  5. まとめ

1.ノベルティの目的とは? 

ノベルティは、企業アピールや商品認知度を高めるために導入されています。消費者からより身近に感じてもらい、ほかの競合他社と差をつける目的を持っているのです。
展示会で宣伝効果を高めるために、急遽用意するケースもあります。ノベルティは思っているより我々の日常生活に密着していて、何気なく手に取る機会が多いもの。気に入ったノベルティを長く保管している方も少なくありません。
街頭で手渡されるポケットティッシュもノベルティの1つです。受け取りやすく、目につきやすいものであるほど、ノベルティを作る目的であるといえるでしょう。
ノベルティは、受け取ってもらう数が多ければ多いほど、販促効果が高まります。より多くの方に手に取ってもらい、商品や企業について知ってもらうことこそ、ノベルティを作る目的を果たせたと思うべきでしょう。

2.ノベルティを作るメリット

アンケートに答えるともらえる文房具などには、企業名や商品名をわかりやすく印刷しています。宣伝だからと安値のノベルティを用意している企業は少なく、有名メーカーの質が高いもので製作しているケースがほとんどです。
また、ノベルティは無差別に配ることを前提とせず、年齢層と性別も考慮して作られています。企業や商品を知ってもらいたいターゲットを絞り、対象に合わせたノベルティを配ることでより高い販促効果を得ることができるのです。
ノベルティにホームページアドレスやQRコードを印刷する例が増えていますが、手に取った方が検索してくれるきっかけ作りになります。それまで縁がなかった方からアクセスしてもらい、クチコミで広まっていく効果もあるのです。
ノベルティを作る企業としては、さまざまな角度から企業や商品をアピールできるメリットがあるでしょう。

3.ノベルティの選び方

ノベルティは選び方のポイントを抑えておけば、高い販促効果が得られます。何より大切なのは、企業や商品のイメージに沿うものを選ぶこと。イメージと真逆なものを選べば、想定していた効果とは違う結果になるでしょう。
ノベルティの選び方を考えていきます。

3-1.イメージに近いもの

企業と商品イメージに近く、相乗効果が得られるノベルティを選ぶべきです。ノベルティ製作には、予算が決められているケースがほとんど。決められた予算の中で、いかに効率よく販促効果が得られるかを考えてみてください。
アピールしたい商品イメージとかけ離れていないかどうか、企業イメージに沿っているかどうか、ノベルティ選びでは最も大切なポイントです。

3-2.ターゲットを絞る

ターゲットを絞ったノベルティ選びも重要です。アピールしたい商品を購入する消費者を考え、年齢層や性別を考慮してみてください。
高齢者ほど、企業名や商品を強くアピールしたノベルティは敬遠されがち。発揮したい宣伝効果を考えて、的を絞ったノベルティを選ぶようにしてください。

3-3.キャラクター使用は控えめに

ゆるキャラブームで、キャラクターを使いたがる企業も増えています。しかし、浸透するまで時間がかかる傾向があるのです。
キャラクター使用は慎重に行い、長い目で愛されることができるものかどうかを考えるようにしましょう。個性的なキャラクターほど、消費者からは避けられてしまいます。
もしもキャラクターを採用する場合には、他社と似たものを使っていないかもチェックするようにしてください。著作権にも十分配慮しましょう。

3-4.実用品が好まれる

ノベルティは、使い勝手が悪くて邪魔になるものだと、受け取った消費者はゴミとして捨ててしまう傾向があります。企業や商品イメージに沿ったものを選ぶべきですが、こだわり過ぎて使いにくいものだと意味がありません。
なるべく使ってもらえる可能性が高い、実用性のあるノベルティを選ぶようにしてください。使い道に困るようなノベルティは、作っても無駄になってしまいます。ノベルティも大切な資源。せっかく用意しても捨てられてはもったいないですよね。

3-5.サイズ

大きさにも配慮しましょう。荷物になってしまう・鞄に入りきらない・受け取るのに躊躇するサイズは避けるべきです。
ノベルティのサイズはとても難しく、小さいとアピールする効果も縮小してしまいます。ある程度手に取りやすく、興味を抱くサイズにしてみてください。

4.ノベルティグッズ例

企業は、ノベルティ選びには力を入れています。インパクトのある使いやすいもので、他社には負けない宣伝効果を求めていると、ノベルティが決まらずに困るケースもあるでしょう。
ノベルティ選びはとても責任があること。担当者にとって頭が痛い問題です。
ノベルティグッズ例をご紹介します。悩んでいる方はぜひ参考にしてみてください。

4-1.日用品

日用品はとても喜ばれるノベルティです。消耗品は邪魔にならず、コンパクトなものが多いのも特徴。ポケットティッシュ・入浴剤・文房具などが代表的です。ポケットティッシュは街頭でも配られることが多いものですが、平面にデザインができるメリットがあります。文房具でもボールペンは企業名などを入れやすく、さまざまなシーンで使われているノベルティです。

4-2.手ぬぐい

手ぬぐいも人気のあるノベルティです。企業名を大きく印刷しやすく、キャラクター印刷もできます。手ぬぐいは生地から選び、色やデザインを相談しながら製作可能です。
使い勝手もよく、オリジナリティを出しやすいと採用する企業が増えています。

5.まとめ

ノベルティ選びのポイントをご紹介しました。

  • ノベルティの目的とは? 
  • ノベルティを作るメリット
  • ノベルティの選び方
  • ノベルティグッズ例

ノベルティは、企業や商品イメージに沿った使いやすいものを選ぶことが大切。受け取りにくく、荷物になるような大きさは避けるべきです。年齢層や性別にもこだわり、ターゲットを絞ると選びやすいでしょう。
ポケットティッシュ・入浴剤・文房具・手ぬぐいなどが人気です。オリジナリティあふれるノベルティ選びの参考にしてみてください。 


創業明治40年の確かな実績!国内生産のオリジナル手ぬぐいが1枚149円〜

国内生産のオリジナル手ぬぐいが1枚149円~