バスタオルの嫌な臭いの原因はこれ!臭いの取り方や予防法も伝授!


バスタオルから嫌な臭いがすると、気分が良くないですよね。
そこで、バスタオルの臭いの原因と取り方の解説と臭いの予防方法をご紹介することにしましょう。

  1. バスタオルの嫌な臭いの原因を確認しよう!
  2. バスタオルの臭いの取り方でおすすめの方法を紹介!
  3. バスタオルの臭い予防に効果的な方法はこれ!
  4. まとめ

この記事を読むことで、バスタオルの嫌な臭いから解放されますよ。

1.バスタオルの嫌な臭いの原因を確認しよう!

バスタオルの臭いの悩みから解放されるためには、原因をよく知ることが大切です。
まずは、嫌な臭いの原因は何かを確認していきましょう。

1-1.空気中の雑菌がタオルで繁殖するから

空気中には、目には見えなくても雑菌がたくさん浮遊しています。
この雑菌が、バスタオルに付いて繁殖してしまうことが、あの嫌な臭いの原因。
洗濯後の乾燥が不十分なままで放置すると、雑菌は水分を好むので繁殖が進んでしまいます。
バスタオルを洗濯したら、すぐ十分に乾燥することが大切でしょう。
梅雨の時期などは、部屋干し用の洗剤を使用したり、洗濯機の乾燥機能を上手に使ったりしてください。

1-2.洗濯中に洗濯槽の雑菌が移ってしまうから

せっかく洗濯をしても、洗濯が原因で雑菌がバスタオルに付いてしまうこともあります。
いくら性能の良い洗濯機でも、洗濯槽をこまめにクリーニングしていないと、カビや雑菌の温床になっているもの。
洗濯槽で汚れたままだと、バスタオルを洗濯したとき、見た目の汚れは落ちたように見えても、雑菌が移ってしまっているのです。
何度も洗っているのにバスタオルが臭う、なんて場合は洗濯槽の汚れを疑いましょう。

1-3. 洗濯不十分で汚れが残っているから

汚れが酷(ひど)かったり洗い方が不十分だったりなど、バスタオルの汚れが落ち切らずに雑菌が繁殖すると臭いの原因になります。
そもそもの洗濯の状態が不十分では、汚れ部分の雑菌がたくさんいる状態ですし、そのまま繁殖してしまうでしょう。
バスタオルは一見汚れていないように見えても、体をふくことで雑菌や皮脂汚れが思っているよりも付いています。
バスタオルの洗濯はこまめに、しっかり行いましょう。

2. バスタオルの臭いの取り方でおすすめの方法を紹介!

それでは、バスタオルの臭いの取り方でおすすめの方法をご紹介します。
どれも簡単ですが、効果的な方法なので早速試してみてください。

2-1. 熱湯につけ置きする

熱湯に1時間から2時間程度、バスタオルをつけ置き後、通常と同じように洗濯機で洗う方法です。
熱湯と言っても、大体50度で良いのでヤケドするほどの温度である必要はありません。
簡単な方法ですが、バスタオルの臭いが解消されて驚くことでしょう。

2-2.電子レンジを使う

意外な方法ですが、電子レンジを使ってもバスタオルの臭いを取ることができます。
コツは、洗濯前に電子レンジを使うこと。
まずは、洗濯前のバスタオルをひとたび水で濡(ぬ)らしてから絞り、ラップにくるんで電子レンジに入れましょう。
その状態で、1枚ごとに1分程度(500ワットの場合)加熱して、その後は通常の洗濯をするだけ。
このように、電子レンジを使う臭いの取り方も簡単なのでおすすめです。

2-3.酸素系漂白剤を使う

酸素系漂白剤を使うと、バスタオルの臭いを解消できるでしょう。
酸素系漂白剤を溶かした水につけ置きすると、バスタオルの奥に潜んだ雑菌も殺菌できるので、臭いが消えるのです。
この方法だと、通常の洗濯だけでは落としにくいこびりついた汚れも同時に落賭すことが可能。
バスタオルのくすみ汚れも気になる人は、試してみてくださいね。

2-4.クエン酸でバスタオルを洗う

バスタオルの臭いが気になるのなら、クエン酸を使って洗ってみましょう。
クエン酸で洗濯すると、その後、バスタオルの嫌な臭いがすっきり取れていることが実感できますよ。
このとき、洗剤を一緒に使わないように十分に注意してください。
特に、塩素系漂白剤や塩素系洗剤と一緒に使うと化学反応を起こして有毒ガスが発生し、とても危険です。
バスタオルの臭いの取り方としては、水10リットルあたり10グラム程度の割合でクエン酸だけを入れて洗濯機を回す、と覚えておきましょう。

3.バスタオルの臭い予防に効果的な方法はこれ!

バスタオルの臭いと原因を理解できたら、今後の臭い予防について学びましょう。
あの嫌な臭いに二度と悩まないためにも、しっかり覚えておいてください。

3-1.バスタオルはこまめにしっかり洗濯する

バスタオルは使用したら、その都度こまめにしっかりと洗濯しましょう。
洗濯するときは、バスタオルの臭いが気になるのなら、殺菌力の高い洗剤を使うと効果的です。
また、バスタオルは使ったらこまめに洗濯するのが理想ですが、ご家庭によっては何日かに1回の場合もあるでしょう。
しかし、衛生的な面から考えても、バスタオルは毎日洗濯したほうが望ましいのです。
毎日バスタオルを洗濯する習慣がないのなら、この機会に改めましょう。

3-2.洗濯をしたらすぐに干して十分な乾燥を

バスタオルをこまめに洗濯できても、そのまま洗濯槽の中に放置してはいけません。
放置すると、洗濯槽の雑菌がバスタオルに移り、臭いの原因になってしまいます。
バスタオルの選択をしたら、すぐに干すことで十分な乾燥を心がけましゅお。

3-3.洗濯槽のクリーニングをこまめに行う

バスタオルの臭いを予防するためにも、洗濯槽のクリーニングは、こまめに行ってください。
洗濯槽のクリーニングが不十分だと、雑菌が繁殖して洗濯中のバスタオルに雑菌が移ってしまいます。
今では洗濯機自体に、洗濯槽クリーニングの機能が付いている場合も多いでしょう。
また、自分で市販の洗濯槽クリーナーを使用しても良いです。
洗濯槽をいつもきれいな状態にしておくことも、バスタオルの臭い予防には大変効果的ですから、忘れずに実行してくださいね。

4.まとめ

今回は、バスタオルの臭いの原因とおすすめの取り方について解説してきました。
さらに、臭いの予防方法についてもご紹介しましたから、もう安心でしょう。
では、最後にポイントをまとめておきますね。

  • バスタオルの臭いの原因を正しく知る
  • バスタオルの臭いの取り方を学んで実行する
  • 今後臭いに悩まされないためにしっかり予防する

この記事を読んで実行すると、バスタオルの臭いに悩むことがなくなりますよ。


創業明治40年の確かな実績!国内生産のオリジナル手ぬぐいが1枚149円〜

国内生産のオリジナル手ぬぐいが1枚149円~