名入れハンカチをオーダーする方法とは? こんな時に作ると便利です。


卒業記念や企業のノベルティグッズは、使いやすくて個性的なものが便利です。
しかし、いざそのような物を探そうと思うと、なかなか見つかりません。
「普段使いができて、なおかつ個性的なグッズを作りたい」という方は、ハンカチをオーダーするのはいかがでしょう?
今は、簡単に名入れハンカチの製作を業者に依頼できるのです。
個性的でありながら実用的なグッズを作りたいと思っている方は、ぜひこの記事を読んで参考にしてみてくださいね。

目次

  1. ハンカチを使うメリットとは?
  2. こんな時は名入れハンカチがおすすめ
  3. オリジナルハンカチを作る方法とは?
  4. 使いやすいハンカチとは?
  5. おわりに

1.ハンカチを使うメリットとは?

この項では、卒業記念品や企業のノベルティグッズなどに名入れハンカチを使うメリットをご紹介します。
ハンカチは皆様が思っている以上にオールマイティなのです。

1-1.誰でも使える

ハンカチは年代の区別なく使えます。
また、ショッキングピンクや派手な花柄などでなければ、男女も関係なく使えるでしょう。
さらに、外出するときに必ずハンカチを持っていく、という方も少なくありません。
ですから、何枚持っていてもよいという人も多いのです。

1-2.シチュエーション別に作れる

ハンカチはコットンが一般的ですが、シルク製の高級品もあります。
また、小さいサイズから大判サイズまで大きさも豊富です。
ですからシチュエーション別にハンカチを作るのも簡単でしょう。
たとえば結婚式の引き出物などに使いたければ、シルク製で大判な物を作れば見栄えもします。
企業のノベルティグッズなどは、コットン製の小さめの物を作れば安価です。

1-3.デザインも自由自在

ハンカチはデザインによってかわいくも、おしゃれで上品にもなります。
たとえば子供の描いた絵をデザインしたハンカチを作れば、卒業記念品などにぴったりでしょう。
また、ハンカチの四隅にイニシャルを飾り文字で刺繍したものなら、年配の男性でも抵抗なく使えるデザインになります。
企業のロゴを模様のように散らしても、面白いものができるでしょう。

2.こんな時は名入れハンカチがおすすめ

では、名入れハンカチがおすすめなケースはどんな時でしょう?
この項では、それをご紹介します。

2-1.卒業記念に

学校の卒業記念にオリジナルグッズを作るケースは多いです。
卒業記念品として作れるグッズは数多いですし実用性のあるものも少なくないのですが、いざ作ってみたら結局は飾り物になってしまうことは珍しくありません。
また、かさ張るものだったり子供の顔写真が大きくプリントされているものは、捨てるに捨てられなくて困ったという人もいるでしょう。
その点ハンカチならば、かさばることもなく長い間使えます。
学校の校章などをワンポイントとして刺繍しても、素敵なデザインになるでしょう。

2-2.企業のノベルティグッズ

宣伝に使うノベルティグッズは、企業のセンスが問われます。
また、場合によっては長い期間使うので、劣化しにくく長期間保存できるものが好まれるでしょう。
ハンカチは直射日光や湿気を避ければ、かなり長い間品質を変えずに保存できます。
また、流行もありませんから長期間配っても古臭くなることはありません。
さらに、ノベルティグッズでハンカチは意外と珍しいものです。
複数の企業が集まる展示会などでは、同じようなノベルティグッズが集まりがちですが、ハンカチを配れば人目をひけるかもしれません。

2-3.さまざまな記念の引き出物に

ハンカチは引き出物としても使えます。
色を変えれば慶事だけでなく弔事でも問題ありません。
また、還暦など人生の節目となる誕生祝に、おめでたい柄や本人のイニシャルを刺繍したハンカチを送っても素敵です。
さらに、結婚記念日には夫婦ペアのハンカチを送っても良い記念になるでしょう。

3.オリジナルハンカチを作る方法とは?

オリジナルハンカチを作るにはどうしたらよいでしょうか?
この項では、その方法をご紹介しましょう。

3-1.家庭用プリンターで製作する

現在の家庭用のプリンターは大変優秀です。
種類によっては、布にも印刷できる製品があります。
また、転写といって専用の紙にデザインをプリントしてハンカチに重ね、アイロンをかけてデザインを移す方法もあるのです。
しかし、この方法では10枚程度のハンカチを作るのが精いっぱいでしょう。

3-2.業者に依頼する

100枚以上のハンカチを作るならば、業者に依頼したほうがコストも安く品質が良いものができます。
業者の中にはネットで手軽に注文できるところも多いです。
また、ホームページを開設している業者ならば、サンプルも確認できるので依頼する際に目安にしてください。
また、業者の中にはプリントだけでなく刺繍も行ってくれる所もあります。
プリントに比べて少々割高ですが、刺繍を入れると高級感が出ますから記念品におすすめです。
さらに、デザイナーが社員として在籍している業者に依頼すれば、デザインの相談にも乗ってもらえます。
「オリジナルの名入れハンカチを作りたいけれど、デザインをどうしよう?」と悩んでいる方は、デザインの相談にも乗ってくれる業者に依頼しましょう。

4.使いやすいハンカチとは?

では最後に、使いやすいハンカチをデザインするコツをご紹介しましょう。
こんなハンカチなら、使いやすいです。

4-1.子供向けはポップな色使い、大人向けは淡い色使いをする

子供が使うハンカチは、原色を多く使ったポップな色使いの方が喜ばれやすいでしょう。
長く使いたいのなら、水玉やチェックなど飽きのこないデザインがおすすめです。
大人向けのハンカチは逆に淡い色使いがおすすめでしょう。
といっても白一色よりも薄いブルーやクリーム色などのほうが使いやすいです。
刺繍を入れるなら、四隅に小さく入れると上品になります。
企業のロゴを入れる場合も、真ん中に入れるより四隅に入れたほうが使いやすいでしょう。

4-2.色を使いすぎない

たくさんの色を使ったハンカチというのは、意外と使いにくいです。
複数の色を使う場合は、2色程度にとどめて白と淡い色使いにするとよいでしょう。
黒と赤、緑と黄色など組み合わせるとより派手になる色同士は避けたほうがよいですね。

4-3.人前で見せられるデザインにする

ハンカチは時として人前で使うこともあります。
奇抜なデザインは人目をひきますが、人前で見せるのはちょっと、というデザインは避けましょう。
また、ネットで見たデザインが気に入ったから、とそのまま使ってはいけません。
フリー素材でない限り、デザインにも著作権があります。

5.おわりに

いかがでしたか?
今回はオリジナルの名入れハンカチを作るメリットや、業者に依頼する方法をご紹介しました。
まとめると

  • ハンカチは性別、年代関係なく使える
  • 素材を変えればノベルティグッズにも、記念品にもなる
  • 100枚を超えるハンカチを作りたい場合は、業者に依頼しよう

ということです。ハンカチはあまりにも身近すぎるので、オリジナルグッズにしようと思う方がかえって少ないかもしれません。また、今はハンカチよりもミニタオルを使うという方もいるでしょう。
しかし、ミニタオルではカジュアルすぎるという場も多いのです。
また、きちんとアイロンのかかったハンカチは見る人に清潔感を与え、使う人の印象をアップさせるでしょう。
それに、ハンカチならば何枚あってもよい、という方も多いはずです。
また、ノベルティグッズの場合も4隅にさりげなく商品や企業名を入れれば、使うのに抵抗がない人も増えるでしょう。


創業明治40年の確かな実績!国内生産のオリジナル手ぬぐいが1枚149円〜

国内生産のオリジナル手ぬぐいが1枚149円~