泉州タオルと今治タオルの違いを知ろう


タオル

生活には欠かせない、タオルという存在。
朝起きて顔を拭くのもタオル、夜帰ってきてお風呂から出た体を拭くのもタオル…どんな時にもタオルは必要不可欠な存在といえるでしょう。
そのタオルにも伝統がありますし、昔から受け継がれている有名なタオルの種類もあります。
最近は外国産のタオルが増えてきているのですが、それでも国産がやっぱりいいとこだわりを持ってタオルを選ぶ人も多いです。
今回はその中で、国産タオルでは有名な泉州タオルと今治タオルの違いについてご紹介します。

今治タオルの特徴

今治タオルというのは、タオルを水につけたときに、沈み始めが5秒以内でないといけないという基準があるのです。
とても吸水性が高いタオルとして販売されているからこその基準ですね。
かなり厳しい基準のような気がしますが、それがあるからこそ、今治タオルというブランドが今でも続いているのではないでしょうか。
洗濯をしても固くなっていかず、いつまでも柔らかく吸水性の高い状態でいてくれるのが今治タオルの特徴です。

泉州タオルの特徴

今治タオルよりも少し早く作られるようになった泉州タオル。
同じように吸水性がうりのタオルであり、肌触りが優しいので敏感肌や赤ちゃんでも使いやすいタオルとなっています。
水がきれいな場所で作られているので、素肌に触れるタオルとして使用しやすいと思います。

泉州タオルと今治タオルの違い

どちらも似たような特徴がありますが、産地が違う以外にも特徴はあります。それは伝統的な製法の違いです。
今治タオルの場合は先晒製法といって、糸の段階で晒してからタオルを織りあげていきます。
泉州タオルはどうかというとその反対で、後晒製法で作られています。
織ってタオルになった後に晒して染めるようになっています。
後晒製法のほうが余計な成分が洗い流せて清潔などといわれますが、先晒製法のほうがタオルのデザインは豊富なのでそれぞれメリットがあるでしょう。
この違いを知っておくと、似たような特徴があるタオルも選びやすくなると思います。

まとめ

  • 今治タオルの特徴
  • 泉州タオルの特徴
  • 泉州タオルと今治タオルの違い

いかがでしょうか。泉州タオルと今治タオルの違いをご紹介しました。
特徴以外でも、どのように作られているかを知ることで違いがわかってきます。
なかなかタオルの違いについて考えるきっかけはないと思いますが、こうした製法の違いを知っておくとタオル選びが楽しくなりそうです。


創業明治40年の確かな実績!国内生産のオリジナル手ぬぐいが1枚149円〜

国内生産のオリジナル手ぬぐいが1枚149円~